FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 一流の仕事力 »経済のことはみんなマーケットで学んだ/藤巻健史

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

経済のことはみんなマーケットで学んだ/藤巻健史  


経済のことはみんなマーケットで学んだ ~外資で働き、金融で成功する方法~ (徳間ポケット)経済のことはみんなマーケットで学んだ ~外資で働き、金融で成功する方法~ (徳間ポケット)
(2012/10/23)
藤巻健史

商品詳細を見る


ディーラーの世界で「伝説」と呼ばれるまで成功をおさめた藤巻氏の自叙伝。
抜群の成績を収め、外銀で唯一(当時)の日本人支店長に抜擢され、その一挙一動に世界中のディーラーが注目し、その進退が新聞でも報じられるほどですから、ビジネスパーソンとして成功した人物と言って異論はないでしょう。当然、報酬もしっかりともらっている様子が本書からうかがえます。

記憶力が良いのか、本書では、仕事の内容の話だけでなく、プライベートでの出来事や米国留学中の小ネタなどをたくさん語ってくれているので、とても面白いです。
まえがきで触れられていたように、イメージとしては日経新聞の「私の履歴書」のようなものです。
自分では直接体験できない世界を覗いてみる事ができる、という読書の醍醐味を味わう事ができます。

本書を読むと、著者が自分の人生にとても満足しているのがよくわかります。
言ってしまえば、仕事もプライベートも上手くいったという「自慢話」でしかないのですが、嫌味はなく、純粋に羨ましいと言う気持ちが湧いてきます。
仕事に苦しんでいる人は、意欲と勇気も与えられるかもしれません。

性格は、真面目で負けず嫌いで小心者。
(比較するのもおこがましいですが、自分の性格と似ていると少し思っています。)
そうした性格の著者を成功に導いたのは、新卒時代の営業の経験が大きいようです。
そこで精神的、肉体的な苦痛に悩まされながらもトップの成績を獲得しているのですが、その「死ぬほど働いた」経験があったからこそ、積極性と自信を身につける事ができたのだろうと思います。
本書の中でも、その時の経験が強気となって背中を押す場面がたびたび見られます。
「自分はあれだけやったのだから、どこへ行っても通用するはずだ」という経験と自信は何をもってしても代え難いものだと思います。

最後に、著者の言葉の中で、最も胸に刺さった言葉を書き残します。
「人間、一生に一度や二度は死ぬ気で勉強する必要があると思います。そんな時期には、皆、限界まで勉強すると思いますが、さらに人の上に立つためには、その限界を半歩超えて勉強しなくてはなりません。ほぼ限界まで勉強する人と、限界をちょっとだけ超えて勉強する人間。そのほんのちょっとした差で、後に大きな差が出るのだと思っています。」
限界プラスアルファの努力を心掛けたいと自分に言い聞かせました。
関連記事
スポンサーサイト

category: 一流の仕事力

thread: ビジネス・起業・経営に役立つ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/96-e8768742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。