FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » トレード日記 »今週の注目は豪ドル(対ユーロ、対フラン)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今週の注目は豪ドル(対ユーロ、対フラン)  

日経平均は大幅な続落が続いています。
円上昇や振るわない企業業績などが要因のようです。
参院選で圧倒的な支持を受けたアベノミクスですが、市場の目は厳しく、政権の勢いや姿勢ではなく具体的な成長戦略の中身を見極めたい、といった気配を感じます。
このような不安定な相場が続く限り、消費税増税も先延ばしにせざるを得ないのではないか、と思います。

ドル円は、25日の深夜から持ち合いの関係は崩れ、一時98円を割るまで下落が加速しました。
押し目買いを狙いたいのですが、どこまで落ちるのかは見極めがつきません。
最近は負けが続いているので、確実に底をついたのか慎重に判断した上でロングを投入したいです。

今週注目しているのは、豪ドル関係。特に対ユーロ、対フランです。
豪ドル安のトレンドはまだ続いています。
日足で見ると、対ユーロでは1.44台、対フランでは0.85台をそれぞれ上限、下限として、何度もブレイクを試しているような様相です。
徐々に幅が縮まっていることから、今週あたりに高値更新、安値更新がみられるのではないかと予想しています。
ブレイクした所を拾えるように仕込んでおきたいと思います。



全体的にボラティリティの低い相場が続いていますが、今週から再び活発に動き出しそうな気配があります。
FOMCの金利発表やECBの政策発表、そして米雇用統計などが控えているためです。
米緩和政策の縮小観測については、既に市場は年内開始を織り込み始めているとは言え、実際どうなるかは米の経済指標次第です。
緩和政策への思惑はまだまだ市場を振り回してくれそうです。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/94-cb891d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。