FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 身に付けたい仕事術 »聞く力―心をひらく35のヒント/阿川佐和子

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

聞く力―心をひらく35のヒント/阿川佐和子  


聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)
(2012/01)
阿川 佐和子

商品詳細を見る


昨年のベストセラーを、遅ればせながら読んでみました。
読者の多くを男性が占める新書において、
女性に広く支持されたのがヒットの要因の一つと聞いた事があります。

テーマは、タイトルの通り『話を聞く』ということ。
インタビュアーや司会としての著者の豊富な経験談が綴られています。

僕もコミュニケーションが得意な人間ではありませんが、
「人の話を聞けない人」は結構いるんだなぁと、他人を観察していてよく思います。
結局、自分の思っている事を言いたいだけじゃん、ってツッコミを入れたくなります。
まぁ、人の事を言えるかどうかと、ふと自身を振り返ってみれば、僕もそうした所がなくもないかもしれないと、いま反省しました。
誰だって自分の思いを聞いてもらいたいのだ、ということで。。

さて、本書の感想に戻りますが、これは所謂ノウハウ本としてではなく、エッセイのような読み物としてウケたのだろうなぁと思います。
著者も「インタビューが得意と思ったことはないし、聞き上手ではない」とひたすら恐縮していますが、タイトルから想像されるインタビューや相槌などのテクニック的な考察は、ほとんど語られません。
ひたすら経験談で、話もあっちへ行ったりこっちへ行ったりで、まとまりがない。
学べる事と言えば、謙虚な姿勢くらいでしょうか。
(もちろん、相手の話を面白がって聞く、などの心構えのような話は、自分の普段のコミュニケーションをチェックし直す良い機会を与えてくれます)

一方で、読み物として捉えると、とても面白いです。
ずっと漫談のような軽い語り口で、その口調に著者の人柄がよく表れています。
芸能界という、ある種、非日常的な世界での経験談なのに、著者の持つ庶民的な感覚には親近感や同情を覚えずにはいられません。
阿川さんのような人でもこれほどみみっちい事を考えているんだなぁと思う事ができれば、ふっと気持ちが軽くなること請け合いです。

著者のチャーミングな人柄から、他人とより良い関係を築くコツ、心の持ち方を教わる事のできる一冊です。
関連記事
スポンサーサイト

category: 身に付けたい仕事術

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/88-8c8452c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。