FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 身に付けたい仕事術 »読書の技法/佐藤優

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

読書の技法/佐藤優  


読書の技法読書の技法
(2013/05/02)
佐藤 優

商品詳細を見る


僕の読書に対する意識を大きく変えた本。
外務省から職業作家に転向した筆者による“読書のすすめ”です。
何度かブックオフで立ち読みし、自分に合うか不安を抱いたまま購入を決めた事を覚えています。

目を引いたのは、著者の驚異的な読書習慣です。
月平均300冊、多い月は500冊。
熟読、速読、超速読の3段階に分け、熟読は3回読み込み、超速読は一冊を5分で読み切る。
毎日のスケジュールは、朝5時に起床し、10時間程度執筆し、4時間は読書に当て、26時に就寝―。

超人としか形容のしようがありません。誰もこれを真似しようとは思わないでしょう。
ただ、外務省勤務時代の話を読むと、国家公務員はその位ハードな生活を余儀無くされることがわかります。超人的な生活を可能としているのは、官僚生活に鍛えられた面が大きいのだと納得できます。
本書では、そうした自身の経験を織り交ぜながら、本物の知識を身に付けるための読書方法を教授してくれます。



僕が本書から学ぶべきは、己の甘さと努力の意味だ、と読了後に痛感しました。
著者と僕の知識には圧倒的な差があります。
それは僕が長い間努力を怠っていたからであり、その必要性に駆られなかったからです。
しかし、これからは内なる炎で自ら努力の火を灯し続けなければならない。
時間は希少な存在であり、僕の若さと可能性も限りがあるためです。
ちょっと臭いですが、そんな事を真剣に考えました。

本書は、社会人としての心構えを記述した一種の啓発本としての意味合いもありますが、具体的な読書の技術にも多くの記述が割かれています。
そして、意外なほど虚心坦懐な心で読書の有用性について説いています。
盗めるものは可能な限り会得できるよう努力したいと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

category: 身に付けたい仕事術

thread: オススメの本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/80-0ca552c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。