FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 一流の仕事力 »運と実力の間―不完全情報ゲームの制し方―/木原直哉

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

運と実力の間―不完全情報ゲームの制し方―/木原直哉  


運と実力の間(あわい)―不完全情報ゲーム(人生・ビジネス・投資)の制し方―運と実力の間(あわい)―不完全情報ゲーム(人生・ビジネス・投資)の制し方―
(2013/06/08)
木原直哉

商品詳細を見る


著者は東大を卒業して、ポーカーの世界チャンピオンとなったという強者です。
本屋で見かけ、サブタイトルにひかれて購入。
勝負師の直感力のようなものを磨く術を学び、FX等に活かせればという思いで読み進めました。


本書を手に取った時、あまりポーカーに馴染みのないので、まず一番に
ギャンブルであるポーカーの強さって何なのだろう、という疑問が浮かびました。
しかし、本書を読むと、実力が如実に表れるゲームという事がわかります。
自分になりに整理すると、重要なのは、
①配当×確率で計算される期待値と、
②ブラフ(はったり)の扱い方、の2点なのだろうと解釈しました。

前者①は、麻雀と同様に淡々と計算するものであり、正確性を磨いていくものです。
ただ、これは、ある程度身につけていれば勝負に差は出にくい。
そうすると、勝負を左右するのは(面白くさせるのは)、②ブラフの扱い方だと思います。
「基本的にベッドする価値があるのは、自分が強い手を持っていて稼ぎたい時か、弱い手で相手を降ろしたい時かの2パターン」であり、何回か勝負を繰り返す中で、相手はどういう場面で、どの位の頻度で、どの程度の強気なブラフで勝負するのか、などの情報を読み取り、勝率を計算する事になります。
その計算が上手くできない人、自分のブラフの出し方の特徴が丸分かりの人はカモにされる。
そういった図式になっていることがよくわかりました。


著者は、これまで将棋、麻雀、バックギャモンなど、色々な頭脳ゲームにハマってきたようです。
新しい頭脳ゲームに出会って上達していく過程を読むと、ゲームで上達していく途中の楽しくて堪らない感覚が身体の中に蘇えります。社会人になって久しく味わっていない感覚です。
本書とは関係ないですが、ゲームのように仕事を楽しむ、というのも必要なのかなと思いました。

勝負に強くなるために大事なこと。僕が本書からピックアップしたのは以下の2つです。

「勉強あるいは上達の方法は、『仮説―実践―検証』がワンセットです。仮説を立て、それを実践してみて、うまくいったかどうかを検証する。」

「ここ(=負けている時)でプレースタイルを変えるのは混乱のもとです。プレーを変えて結果が出なかったら、不調の原因がより分からなくなってしまうのです。単についてなくて負けているだけなのか、変えていない部分に狂いが生じているのか、それとも変えた部分が良くなくて、負けているのか。全然、見当がつかなくなるのです。だから、不調な時、負けている時は、自分は基本的にプレーを変えません。」

これはFXにも(ビジネスにも)当てはまります。
自分のトレードを客観的に見直すという作業をどうしてもサボりがちですが、そうした検証作業を怠らない人がやはり強いのだと思います。
自分なりのルールを持ち、感情に流されず忠実に実践し、そして常に磨き続ける意識が大事なのだろうと理解しました。
関連記事
スポンサーサイト

category: 一流の仕事力

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/73-6dbac0dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。