FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 書く技術、伝える技術 »文章のみがき方/辰濃和男

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

文章のみがき方/辰濃和男  


文章のみがき方 (岩波新書)文章のみがき方 (岩波新書)
(2007/10/19)
辰濃 和男

商品詳細を見る


文章力を向上させたいと常々思っています。
ただ、どう鍛えたら良いかわからず、思いだけが募っています。
書けば書くほど上達する、という意見も聞いた事がありますが、
こうして毎日ブログを書いていても、あまり上達している気がしません。

そんな悩みにズバリ答えてくれそうな、このタイトル。
古本屋で見かけて、考えるより早く購入していました。
しかも著者は朝日新聞であの「天声人語」を担当していたとのことで、
僕の中の期待はますます高まります。

しかし、まえがきで「文は心である」と主張されているのを読んだ途端、
あまり歓迎しない気持ちに様変わりしてしまいました。

こういう類は、林真理子氏の嫌う所であろうと思われます。
どこかの本で読んだのですが、そうした文章論を真っ向から否定していました。
性格が良くなければ良い文章が書けないなんてあり得ない、私は作家だから平気で嘘をつく、
というような事が書かれていたと思います。
僕は林真理子氏の書く文章が好きなので、妙に説得力を感じたのを覚えています。

それでも最後まで読み通したので、少し感想を書き記します。

どうにも終始、感覚的なことばかり書かれていたという印象が強いです。
結局“良い文章とは良い感受性を持った人の書いた文章である”という感じのものです。
文章論と言うより人格論、精神論に近いと感じられます。

ただ、著者の言葉に対する愛情は充分に感じることができました。
優れた文章とは、言葉にとことん向き合った者でないと紡ぐことができないでしょう。
言葉の持つ性質、響き、リズム。言葉というのは、どこまでも繊細なものです。
そんな言葉への愛情の深さは、自然と文章に表れるのかもしれない。
・・・なんて、少し考えさせられました。
関連記事
スポンサーサイト

category: 書く技術、伝える技術

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/58-6b7d4b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。