FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 価値観を変える啓発書 »変な人が書いた成功法則/斎藤一人

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

変な人が書いた成功法則/斎藤一人  


変な人が書いた成功法則 (講談社プラスアルファ文庫)変な人が書いた成功法則 (講談社プラスアルファ文庫)
(2003/04/18)
斎藤 一人

商品詳細を見る


著者は、今は廃止されてしまった長者番付に12年連続でトップ10入りした実業家。
(著者の会社の商品である「スリムドカン」は、あのCMで有名かと)
そんな成功者が、自身の成功哲学について述べた本がこれ。
タイトルから想像できる通り、かなり独特の世界観があります。
ただ、成功するためのヒントが詰まっており、読めば人生に前向きになれること請け合いです。

キーワードは「神様」「魂」「波動」。
自身も冒頭で述べていますが、特に「神様」という言葉はしょっちゅう出てきます。
決して宗教的な意味合いはないのですが、著者曰く
「神様という言葉の響きが好きだから使ったのです。」とのこと。

言っている事は観念的で、まるで理屈が通そうとしない。それでも妙に説得力があります。
著者の大事にする価値観というのは、何度も繰り返されるので、よく伝わってきます。
根底にあるのは、「困ったことは起こらない」と考えること。
「困った」と苦しむ前に、それが「本当にこのことで私は困るのだろうか」と自分に問いかける。
そして「私は、本当は困ってなんかいない」と思えたら、もうこっちのもの。
そうした考え方が著者を成功に導いた、と述べられています。

なぜそう思えるのか。
「神様は私たちを苦しめようとはしません。神様は私たちに、与えて、与えて、与え尽くしているのです。だから、困ったことも起こらないのです。」
こういう風に考えることができれば、人生は豊かになるのだろうと考えさせられます。

そもそも成功者とはそういう理屈に拘らない人なのかもしれません。
成功者の習慣を盛り込んだ「夢をかなえるゾウ(水野敬也著)」(あれはよく出来ている本だと思います)で挙げられていたような事柄も、論理的な裏付けがあるわけではありません。
でも、成功者たちは、それらを信じて実践していたのです。
僕らはそれらを真似するのではなく、自分なりの「神様」をつくることが大事なのだと思います。

本書では、他にも「肯定の金太郎飴になりなさい」「人のことを褒めて、褒めて、褒めまくりなさい」など、明日から実践したい心掛けが多く紹介されています。
新鮮な価値観を与えてくれる一冊です。心の豊かさを手に入れたい人におすすめです。
関連記事
スポンサーサイト

category: 価値観を変える啓発書

thread: オススメの本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/56-ba55f080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。