FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 小説・エッセイ等 »ぼくは勉強ができない/山田詠美

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ぼくは勉強ができない/山田詠美  


ぼくは勉強ができない (新潮文庫)ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
(1996/03/01)
山田 詠美

商品詳細を見る


僕の大好きな名作です。

主人公は高校生の男子。
勉強は得意ではないが、女性にもてて、バーで働く年上の彼女と交際しています。
皮肉をよく吐きますが、憎めないキャラで、その言動は何とも格好いい。

自分の価値観を大事にする彼は、
成績トップの同級生の嫌味に対して、こう切り返します。
「でも、おまえ、女にもてないだろ」
強烈な一言です。ある意味、世界をひっくり返すほどの破壊力を持った一言です。
その後、その同級生の成績はがくんと落ちてしまいます。

彼は別の場面でこうも言っています。
「しかしね。ぼくは思うのだ。どんなに成績が良くて、りっぱなことを言えるような人物でも、その人が変な顔で女にもてなかったらずい分と虚しいような気がする」

真理だと思います。しかし、僕らがどこか心の中で蓋をしている真理です。
いくら理論武装をしたって、異性にもてる人間の前では負け組なのだ。
ちょっとした発見をしたようで、嬉しくなりました。

まっすぐに生きようとする主人公の男の子の考える事は、
純粋に哲学的で、大人ぶっており、そして意外と打たれ弱い。
社会の固定観念にささやかな疑問を呈する様子は痛快です。

何より著者のユーモラスな文章力が秀逸で、読んでいて気持ちが良い。
その上考えさせられてしまうのだから、文句のつけようがありません。



Amazonのレビューをちらっと覗いてみたのですが、どうも賛否両論あるようです。
好き嫌いの問題であると思いますが、僕としては、
プロ作家ならではの新鮮な物の見方や価値観を提供してくれる話は大好きです。
関連記事
スポンサーサイト

category: 小説・エッセイ等

thread: オススメの本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/52-857fa6c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。