FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 身に付けたい仕事術 »超一流の人がやっているフォトリーディング速読勉強法/山口佐貴子

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

超一流の人がやっているフォトリーディング速読勉強法/山口佐貴子  


超一流の人がやっているフォトリーディング速読勉強法超一流の人がやっているフォトリーディング速読勉強法
(2013/04/24)
山口 佐貴子

商品詳細を見る


多読しようとするならば、どうしても速読に憧れてしまいます。
巷にはいくつかの速読法が溢れていますが、その中でも信頼の置けるビジネスパーソン達の著書でフォトリーディングが紹介されていたので、その速読法には前々から興味はありました。

本書にはフォトリーディングのやり方の概要と、それを身につけた人の成功談が載っています。
簡単に効果だけを紹介すると、フォトリーディングを身につければ、一時間もあれば一冊を読み切り、マインドマップも作成し終えることができるそうです。

しかし、本書を読むだけでは絶対に身につかないと思い、
実は今日、著者の行う集中講座の内容についての無料説明会に行って来ました。
集中講座、無料説明会いずれも定期的に行っているそうで、山口氏ご本人が説明をしてくれます。
説明はとてもわかりやすくて説得力があり、優れたプレゼンの例としても勉強になりました。

少し話の概要を説明してみます。
拙い説明なので、フォトリーディングについて誤解を与えてしまったら申し訳ありません。
あくまで一個人の備忘録を兼ねた感想ですので、悪しからず。

どうも、通常の読み方では文章を意識して読むから遅くなる、と言うことらしいです。
例を挙げると、難しい文章に引っかかってしまったり、自分の記憶に想いを巡らせたりするのは、読書スピードを下げる一因となります。

一方、フォトリーディングでは、脳内にコピーするようなイメージで、言わば機械的に本のページをめくります。
そして直接、意識下へとインプットし、その後で意識にあげると言うステップを踏むそうです。
(正直、意識下の説明は半信半疑です。意識下の脳の働きについて充分に解明されているとは思えません。あくまでイメージということでしょう。)

ここで重要なのが、目的と質問。
フォトリーディングを始める前に、本を読む目的を意識するという準備を行います。そして、フォトリーディングをした後に、質問を作ることで、意識下の情報を引っ張り上げるのだそうです。

説明会では、フォトリーディング自体の説明とともに、「みかん集中法」の実践も行いました。
読書の際の集中力を高める方法です。
山口氏の催眠術のような語り口で、一生涯使える集中法を身につける事ができます

他にも、過去の受講生の話をしてくれるので、フォトリーディングの効果を伺い知る事ができます。本が速く読めると、蓄積した情報や空いた時間を使って、新しい可能性を活かしたくなるようです。速読法を学ぶことは、脳の効率的な使い方を学ぶ事でもあるとも述べていました。
フォトリーディングを身につけた人の中には本を出版する人が多いと言うのも特徴だそうです。
そうした方々が著書の中でフォトリーディングを推奨しているのを何度か読んだことがあるので、僕自身はその効果を疑ってはいません。

できる事ならすぐにでも講座に参加して身につけてみたいのですが、たった二日間の講座に10万円を投資すると言う経験がないもので、少し躊躇しております。
参加者の平均年齢は約35歳、20代では27歳位の参加者が多いとのことなので、もう少しお金に余裕が出来てからでも遅くないのかなと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

category: 身に付けたい仕事術

thread: ビジネス・起業・経営に役立つ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/39-e2ed8365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。