FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 身に付けたい仕事術 »学び続ける力/池上彰

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

学び続ける力/池上彰  


学び続ける力 (講談社現代新書)学び続ける力 (講談社現代新書)
(2013/01/18)
池上 彰

商品詳細を見る


学ぶことの大切さを知るのは、
多くの人にとって学生を卒業した後だと思います。
学生時代にもっと身になる勉強をしておけば良かった、と何度悔やんだことか。

今の僕には学ぶことが山ほどあります。
それだけでも若いうちに気づいて良かった、と今では肯定的に捉えています。
一日一冊はアウトプットを意識した読書をしよう。
そう思って、学び続ける仕組みづくりとして始めたのがこのブログです。



本書は、池上氏による「現代版教養のすすめ」です。
学ぶとはどういうことか。教養に対する考え、経験を綴ったエッセイのような啓発書です。
池上氏の知識欲の深さとそのルーツを知ることができます。

ネット時代に求められる教養について、共感した部分を抜粋します。

『検索能力は必要な能力ですが、あるキーワードで検索して引っ張ってきたものと、別のキーワードで引っ張ってきたものを重ねることによって新しい発想を生み出す。そこまでできないと、あまり意味がないと思うのです。
「組み合わせて引っ張り出す能力」と言っていいかもしれません。
 頭の中から、そのときに合わせて適切な知識を引っ張り出す。あるいは知識と知識を組み合わせることによって自分なりに展開させる。そのような能力こそが、いま必要なのではないでしょうか。
 そのためには、引っ張ってくるべき内容を大量に蓄積していなければなりません。これが、現代の教養のひとつなのでしょう。』



蛇足でしょうが、ひとつ注意事項があります。
本書は教養書でもハウツー本でもなく、エッセイ、もしくは自叙伝のような性格の強い本です。
池上氏の他の著書とは異なり、知識の含有率は高くありません。
個人的には、内容は目新しいものはなく、やや物足りなさを感じてしまいました。
学ぶことの大切さを池上氏の経験から学びたい、という方にはオススメです。
関連記事
スポンサーサイト

category: 身に付けたい仕事術

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/37-954d3e02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。