FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 週の戦略 »アメリカ、イギリスとユーロの金利差拡大で、教科書的にはユーロ売り!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アメリカ、イギリスとユーロの金利差拡大で、教科書的にはユーロ売り!  

ECB、雇用統計と終わりましたが、
為替が一方向にどっと動くということはなかったですね。
今後の動きをうかがっているかのような感じです。

ドラギ砲は不発に終わった?


ECBのマイナス金利導入は、ある程度予想されたもので、
市場関係者にとっては、これで「材料出尽くし」という意見もあります。

はやくも、次の追加緩和は何か、という議論も始まっています↓
欧州中銀、新たな領域に=次の一手「信用緩和」か〔深層探訪〕

ドラギ総裁からは、「為替の動向を注視している」というコメントもありましたが、
その後の為替の動きを見る限り、いまのところ、「ドラギ砲は不発」という見方が広まっています。

ユーロドル日足チャート↓
ユーロドル日足0608


ただ、個人的には、今後のユーロは下落していくものと見ています。
市場の予想がどうであれ、「金利差」というのは、為替のもっとも重要な変動要因です。

これだけハッキリと、アメリカ、イギリスと金融政策に違いが出ているのですから、
教科書的には、どう考えてもユーロドル、ユーロポンドの売りです。

ということで、ビッグイベントを過ぎて、市場も落ち着いたいま、
ユーロの売りを入れて、しばらく様子を見たいと考えています。
金利差は、短期的な要因ではないので、中長期的な目線で見守りたいと思います。

ドル円は雲の上抜けに注目


ドル円は、先週、日足の雲の上抜けを試しましたが、失敗しています。

ドル円日足チャート↓
ドル円日足0608

ただ、米ダウが連日最高値を更新するなど、リスクオンの雰囲気のなか、
いまは押し目買いの狙い目と思っている人も多いハズ。

ドル円は、雲に注意しながら、買い目線で攻めたいと考えています。

参考:IMFが円安容認? GPIFやM&A支えにドル/円は103円乗せなら上昇に弾みも…(ザイFX!西原宏一氏コラム)
関連記事
スポンサーサイト

category: 週の戦略

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/302-91fde401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。