FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » ウクライナ情勢 »本日開票される2つの選挙は、ユーロにとってネガティブ要素となるか

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

本日開票される2つの選挙は、ユーロにとってネガティブ要素となるか  

僕はずっとユーロを売っていますが、これはまだまだ下がりそうな感じです。
一番の下落要因は、6月のECBの緩和策への観測でしょうが、
実は、今日、他にもネガティブ要因になりそうなイベントが2つ。

再び注目されるウクライナを巡る米ロの空中戦


まずは、ウクライナの大統領選。
ウクライナ大統領選挙 きょう投票(5/22、NHK NEWSWEB)

結果自体は、特に市場に大きな影響は与えなさそうですが、
懸念されるのは、米ロ間の対立がふたたび表面化し、緊張が高まること。
そうなれば、リスクオフとなり、ユーロは売られ、円も買われるかもしれないですね。

親露派の大統領を追い出して実施される選挙なので、結果は当然、
親欧米派になるのですが、その投票に対してプーチン大統領がイチャモンをつけるかどうか。

個人的には、プーチン大統領は、投票結果自体を覆すつもりはなくとも、
パフォーマンスとして、とりあえず口は出しておくだけ出しておくのかな、と思います。

反EU政党に躍進が気になる欧州議会選挙


で、もう1つが、EUの議会選挙。
22日から実施されているのですが、今日が投票の最終日となります。
欧州議会選挙 きょうから投票(5/22、NHK NEWSWEB)

注目されているのは、反EU政党がどこまで台頭するか、というところ。
予想では、けっこう票数を獲得しそうで、ここでサプライズ的に反EU派が躍進するようであれば、
EUのあり方が大きく揺らいでしまう可能性があります。

反EUの根本にあるのは、欧州危機以降の緊縮財政に対する不満のようですが、
EUが揺らぐようであれば、財政をEUからの支援に頼っているギリシャが危うくなり、
ふたたび欧州危機への懸念が高まりを見せる、というシナリオが考えられます。

この欧州議会選挙に関しては、↓の記事が、為替への影響なんかも含めて、詳しいです。
欧州議会選挙特集 2(すこしFX ☆ なが~くFX)

足元では、ユーロ安要因がけっこうあります。
6月ECBまでは、まだまだユーロ安にベットし続けても良いだろうと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

category: ウクライナ情勢

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/294-0efba573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。