FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 読書メーター »GWは読書しよう! 4月読書メーターまとめと読みたい本リスト

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

GWは読書しよう! 4月読書メーターまとめと読みたい本リスト  

4月の読書メーターのまとめです。
5冊しか読めませんでしたが、読みかけの本もけっこうあるので、
このGWで読書量は4月分を超えそうです。

GWは張り切って読書しますよ!

4月読書メーターまとめ


2014年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1732ページ
ナイス数:18ナイス

私たちにとって本当に必要な「小さな政府」とはどんなものか?私たちにとって本当に必要な「小さな政府」とはどんなものか?感想
社会保障費が増大の一途をたどるなか、官から民へと権限を委譲し、小さな政府を目指していくのは避けられないと思う。こういう時代だから読んでおく価値のある本。具体的な事例や数字、興味深い提言などが記されており、説明もわかりやすい。

読了日:4月29日 著者:跡田直澄

日本の論点日本の論点感想
これは読んでおいた方がいい本! 幅広い分野のトピックを取り上げており、それぞれにおける大前流の着眼点が紹介されている。時代の流れを掴む大局観を磨くのに、よい思考トレーニングになると思う。いわば「大前研一版Newspicks」とでも言うべきか。
読了日:4月28日 著者:大前研一

督促OL 修行日記督促OL 修行日記感想
まぁ、ほんとうに過酷な労働状況が、ひしひしと伝わってくる。けれども、そうした職場の中で、踏ん張って自分なりの生き抜く術を身につけたからこそ、こうして本を出版するに至ることができている。劣悪な環境で耐え抜き、自分なりの生き方を見出していく人々の姿を見ると、「もっと自分も頑張れるはず」という気持ちになる。
読了日:4月19日 著者:榎本まみ

鴉よ闇へ翔べ (小学館文庫)鴉よ闇へ翔べ (小学館文庫)感想
海外小説は冗長な文章が苦手だが、文章のペースに自分の読み方を合わせるのに慣れてくると、俄然面白くなる。このフォレットの作品も、200ページを過ぎたあたりから、この物語の核がようやく掴めてきた。歴史的事実の間隙を縫って、リアリティのあるフィクションを埋め込むという離れ業をやってのける作家は、本当に天才だと思う。戦争小説に取っつきにくさを感じている人でも楽しめる、万人受けしそうなスリル満点のスパイ小説。
読了日:4月12日 著者:ケン・フォレット

思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)感想
アイデアを寝かせて、発酵させる。思考なんていう形のないものを理系用語になぞらえて、その整理の方法についてエッセイ風に記した名著。1986年に発売された本だけれども、今の時代にぜひ読むべき本だと思う。無限大の情報が溢れる中、“知のエディターシップ”こそがオリジナルの価値を生み出すとされる時代。思考をメモ化して整理する技術も随分と発達した。まるでEvernoteの効果的な使い方に関する説明書のような本である。
読了日:4月6日 著者:外山滋比古

読書メーター


読みたい本リスト


読みたいなと思っている本のリストもついでに挙げておきます↓

沈まぬ太陽 文庫 全5巻 完結セット (新潮文庫)沈まぬ太陽 文庫 全5巻 完結セット (新潮文庫)
(2002/01/01)
山崎 豊子

商品詳細を見る
 全5巻ですが、いま4巻まできています。圧巻の筆致力に心が揺さぶられます。

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
(2007/10/30)
佐藤 優

商品詳細を見る
 読みかけ。“知の巨人”佐藤優氏の逮捕された「鈴木宗男事件」。
 その事件を中心に、佐藤氏のいうところのインテリジェンスの世界が描かれています。

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
(2008/12/11)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る
 知人に「徹夜必至」と勧められた本。GWで読んでみたいですね。

ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営
(2007/01/27)
P.F.ドラッカー

商品詳細を見る
 経営の観点からNPOを見つめたドラッカー。
 ソーシャルビジネスは関心のあるところなので、読んでみたいです。

訣別―大前研一の新・国家戦略論訣別―大前研一の新・国家戦略論
(2011/11/04)
大前研一

商品詳細を見る
 『日本の論点』が良かったので。大前研一氏の国家戦略論をもっと覗きたくなりました。
 参考:いわば「大前研一版NewsPicks」/『日本の論点』大前研一著
関連記事
スポンサーサイト

category: 読書メーター

thread: ブックレビュー

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/279-b4620669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。