FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 週の戦略 »ドル円のサポート割れに期待、カナダドルの下落に注目

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ドル円のサポート割れに期待、カナダドルの下落に注目  

4月もあっという間に3週間目に突入。
ようやく新しい仕事も要領を掴み始め、本格的にエンジンが入り始めた感じ。
新人の教育係も任されているのですが、そろそろ「職場に慣れる」という段階は過ぎたかなと。
自分にも他人にもハードルを上げていきたいと思っています。

踏ん張るか、踏ん張れないか


株式市場は、潮がひいていくように下落しています。
先週、7%も下落した日経平均株価は、世界の株式市場でトップの下落率だったようで。
背景には、先日書いたナスダックの「モメンタム株」の下落が挙げられます。

参考)
日経平均株価チャート(http://jp.investing.com/indices/japan-ni225
ナスダックチャート(http://jp.investing.com/indices/nq-100
ドルインデックス(http://jp.investing.com/quotes/us-dollar-index

株式から引き揚げられた資産が、米国債買い、円買いにつながり、
ドル安円高が進み、ドル円は再び100円目指して下落しています。
(ただ、一方で新興国株が買われるなど、いわゆる「リスクオフ」の単純な動きではないようです。)

日経平均もナスダックも、いまは踏ん張りどころです。
ちょうど2月3,4日の安値の水準に位置しており、ここを抜けてしまえばさらなる下落へ。
もしくはここで踏ん張って、反発するか。

ドルインデックスは79台では何度も反発しており、再び上昇に向かいそうな感じもします。
ドル円も101.20~30円のあたりでは底堅く、ここでも踏みとどまるかどうか。
ただし、いずれも割り込んでしまえば、どんどん底なし沼に転がり落ちていきそうな気配もあります。

ドル売り円買いをイメージ。カナダドルの下落に注目


ここからは「勘」ですが、どちらかと言うと、今週はドル売り円買いをイメージしています。
ドル円は一度100円割れをしておきたいし、ユーロドルは1.4ドルに到達しておきたい。
そんな思惑をもった人々が増えてきているような気がするので。

いや、自分自身がそう願っているだけなんですけどね。
なんとも博打的な考えですが、その方が当たれば儲けやすいという理由です。

その時の通貨の強弱はこんな感じ↓

強い通貨)円、豪ドル、スイスフラン、ユーロ
弱い通貨)ドル、カナダドル


なかなか強弱の順番までつけるのは難しいですが、リスクオフの状況下で
豪ドル、ユーロがどこまで強さを保てるかと考えると、円、フランが無難かもしれません。

また、カナダドルの弱さが気になるところ。
先週はドル安が進行する中で、ドル/カナダドルだけが上昇をみせています。

今週は、カナダ銀行の政策金利発表に、CPIの発表もあるので、要注意です。
低インフレが懸念されているカナダでは、利下げ観測も浮上しています。
またまた博打的な考えですが、カナダドルの下落が大穴かもしれないと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

category: 週の戦略

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/266-c47a17bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。