FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 身に付けたい仕事術 »まるでEvernoteの解説書!/『思考の整理学』外山滋比古著

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まるでEvernoteの解説書!/『思考の整理学』外山滋比古著  


思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る


アイデアを寝かせて、発酵させる。
思考なんていう形のないものを理系用語になぞらえて、
その整理の方法についてエッセイ風に記した名著です。

書店でオススメ本として特集されていたのを見て購入


書店では、たまに一昔前の書籍を目立つ位置に置いて、
なかには書店員のコメントまでついていることがありますよね。
そうした書籍は往往にして良書であって、自分も読んだことがある本が多く、
リバイバルで再評価されていることを思うと少し嬉しくなったりします。

本書も、学生の頃に読んだことがあったのですが、
近所の書店の目立つ位置でフィーチャーされて積まれていたので、つい購入してしまいました。

昔は、「わかるわかる、自分が実践していることばかりだな」、
なんて少し上から目線で軽く読み流してしまっていたのですが、
改めて読み返してみると、もちろんそんなに浅いものではなく、色々な気づきのある本だと感じます。

アイデアを寝かせて、発酵させる


本書ではアイデアを昇華させるための、思考の整理方法が書かれています。
アイデアを寝かせる、という発想は、個人的に思い当たるトコロがあって、とても共感します。
たぶん、多くの人にとっても共感できるところではないかと思います。

学生の頃からその考えは、僕の根っこにあって、
アイデアが浮かんだら、まず考えの及ぶ限りのことを考えるようにしています。
そして、それを書き留めておいて、いったん離れる。

それでも、どこか頭の中から離れずにいるから、
ふとした時(まさにベッドの上の目覚めの瞬間や、電車の中)に、関連する新しい思考が生まれて、
もとのアイデアを発展、昇華させることができる。

ここで肝心なのが、アイデアを考えている途中の段階では、人に話さないこと。
本書にも書かれていますが、しゃべってしまうと、それで満足してしまい、
そのアイデアは役目を終えたかのように果ててしまう。
本当に大事なのは、そこから発展させていくことだというのに。

まるでEvernoteの効果的な実践方法


1986年に発売された本ですが、今の時代にぜひ読むべき本だと思います。
無限大の情報が溢れる中、“知のエディターシップ”(編集、第二次的創造)こそが
オリジナルの価値を生み出すとされる時代です。

本書は、終章で触れられるように、“知る”時代から“考える”時代への転換を先読みしており、
そうした時代における思考の整理学の重要性を説いています。

いま、本書の再ブームが訪れているとしたら、納得できるトコロがもう1つあります。
それは、Evernoteなど、考えを記録しておくことのできる媒体が発達しているためです。
まさに本書に書かれているような事柄について、Evernoteを用いて実践すれば、
上手に思考を整理し、昇華させることができるのではないかと感じます。

日常生活でふと思い浮かんだことをEvernoteに書き留めておく。
その際に、本書で書かれているようなノートの整理の仕方をそっくりそのまま実践してみる。
そして、ある時に読み返すと、新しい知識と混ざりあって、1つのオリジナリティが生まれる。

本書は、まさにEvernoteの効果的な使い方に関する解説書のような本だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

category: 身に付けたい仕事術

thread: オススメの本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/263-455ff016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。