FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 中国経済と人民元 »加速する人民元安。記録的な元安の影響は?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

加速する人民元安。記録的な元安の影響は?  

本日発表された中国の3月のHSBC製造業PMIは48.1。
予想を下回り、5か月連続の低下となり、明らかに中国景気の減速を示しています。

ただ、市場の反応は驚くほど限定的。
中国の目標の成長率7.5%が危うくなったことで、
金融緩和策が打ち出されるのではという期待も高まっているようです。

一方、先週のイエレン発言以降、ドルに関して
米国債の利回りが上昇し、ドルインデックスも上向きです。
これに支えられて、ドル円は小幅に上昇していますが、
G7後の米ロの行方の様子見、という側面もありそうです。

変動幅拡大後に人民元安が加速


人民元は先週から変動幅が2%に拡大されましたが、それから人民元の下落が加速しています。
参考:USD/CYNチャート(investing.com)

先週末から少し反落しているようですが、けっこうな勢いで人民元安が進んでいます。
そして、変動幅拡大前からの動きも含め、月足(上記参考チャートの「1M」)で確認すると、
今年に入ってから、かなり大きく対ドルで下落していることがわかります。

変動幅の拡大前については、中国の中央銀行である人民銀行が
着々と通貨安誘導を行ってきたからですが、先週の動きについてはどうなのでしょう。

変動幅の拡大後も、試行的に人民銀行が元売り介入を続けているのか、
それとも中国景気に懸念を覚える投資家が元を売っているのか。
前者であれば、しばらくすれば人民元安も落ち着くかと思いますが、
後者だとすれば、今年は記録的に人民元が下落しそうです。

人民元安の影響は?


元安が加速した場合、どのような影響が考えられるかということですが、
まず、関係国との間に貿易摩擦が生じることが想定されます。
中国は世界最大級の消費国ですから、人民元安による各国の輸出企業のダメージは大きいです。
特にアメリカは昔から人民元安に敏感ですから、公に抗議を行う可能性があります。

FXで言えば、特に影響の大きいのは豪ドルです。
オーストラリアにとって中国が最大の貿易相手国であるというのが一番の要因で、
人民元安が豪ドル上昇の頭を抑えている一因となっていると考えられます。

また、通貨安に歯止めがきかなくなると、インフレの不安も高まってきます。
一部では、中国の不動産バブルを警戒する向きもあるようです。

ただ、中国はかなりの外貨準備があるので、その気になれば人民元安を止めることは容易かと思います。
現状で人民元安が進行しているのは、中国が「容認」しているため、とも言えるでしょう。

この人民元安が新たなチャイナ・リスクとなってしまうかどうか。
今のところは、それほど深刻に捉えている人は多くないようですが、
理財商品などと関連づけられ始めると、リスクオフが再燃するかもしれません。
参考:中国人民銀行による元安誘導と、人民元安と豪ドル安の関係(3/4記事)
関連記事
スポンサーサイト

category: 中国経済と人民元

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/256-9072d3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。