FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » イエレン新議長 »イエレン新議長の失言?で、対円、対ユーロでドル高進行中!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

イエレン新議長の失言?で、対円、対ユーロでドル高進行中!  

昨日のFOMCで、ドル円は約1円上昇ですか。

フォワードガイダンスの失業率ターゲットが撤廃されたのは
妥当なところで、特に大きなサプライズではないですね。
もともとフォワードガイダンスに否定的であったフィッシャー副議長のご意向もあるのでしょう。

利上げ時期の言及でドル高株安


問題となったのは、利上げの時期に関する言及。
「利上げは量的緩和終了後、6か月後くらい」と、
質疑応答においてイエレン氏がうっかり(?)話してしまったのがクローズアップされ、
予想以上に利上げの時期が迫ってきているのでは、という憶測が広まりました。

このまま100億ドルずつ緩和縮小を進めていけば、
今回のFOMCで購入額が月額550億ドルに減ったわけですから、
あと5か月ちょっと、つまり今年の9月頃には量的緩和が終了する見込みとなります。
利上げがその半年後とすると、だいたい来年の今頃ですね。

もともと利上げの時期は2015年の年央あたりと予想されていただけに、
かなり早い時期の利上げの可能性を受けて、市場にはちょっとしたサプライズが走っています。
市場は、これを想像以上の「タカ派的」と捉えて、ドル高と株安が進みました。

もちろん、今後の経済情勢によって大きく変わるはずで、
イエレン氏も当然、柔軟な姿勢で対応するというのが発言の全体の趣旨だったのですが、
不用意な発言が、メディアに切り取られて独り歩きしている感じですね。

中央銀行のスタンスの差から対円、対ユーロでドルの買い


このドル高の動きが特に反映されているのは、
今後、中央銀行によって緩和的な政策が見込まれる日本とユーロ。

日本では、黒田総裁が「必要とあれば躊躇なく行動する」と発言し、
さらに日銀関係者などが色んなメディアで追加緩和の可能性について触れ回っており、
この日米の中央銀行のスタンスの違いは、当然、ドル円上昇の圧力となります。

また、これまでドラギ総裁がさんざん緩和策に言及していながら
上昇を続けたユーロが、イエレン氏発言によってついに大きく下落しました。
なんというか、ドラギ総裁とイエレン議長の発言のインパクトの差が見事に表れていますね。
ユーロドルは、現在、昨日の底値も下回って下落を続けており、
結局、1.40ドルに到達しないまま、下落に転じそうな感じです。

あとは気になるのは、オージードル、ドルカナダでしょうか。
オージードルは、200日移動平均線にしっかりと上値を抑えられた形で下落しています。
今後も底堅い展開が続きそうですが、上値はこの平均線が意識されそうです。

カナダドルは、こちらも中央銀行がハト派よりの発言をしていることで
ドルカナダが上昇しています。けっこう狙い目かもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

category: イエレン新議長

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/252-9c6b56a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。