FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » FX投資家とFX業者 »FX業者とFX投資家の利益は相反するのか? FX業者のビジネスモデルとは

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

FX業者とFX投資家の利益は相反するのか? FX業者のビジネスモデルとは  

FX業者は、どういうビジネスモデルで儲けているのか?
いつも当たり前のように利用しているFX業者ですが、
そのビジネスモデルをちゃんと理解している人は意外と少ないのではないかと思います。

少し調べてみると、「顧客の損失は業者の利益」なのだから、
業者は投資家に利益をあげてほしくないと思っている、なんて文言もよく見かけます。
どうしてそういう理屈になるのか。FX業者は、どうやって儲けているのか。
簡単に整理してみましたので、少し考えてみるきっかけになれば幸いです。

FX業者の収益源は、スプレッドとスワップポイント


まず、基本的なFX投資家の注文の流れですが、
店頭FXの場合、業者と顧客(FX投資家)が直接取引を行うことになります。
この大前提を押さえておくことが大事です。

なお、この状態では、顧客の利益分を業者が支払うことになるため、業者と顧客の利益は完全に相反します。
ただし、そんな不安定な状態ではとてもビジネスにならないため、業者は、顧客の注文を受けた後、同内容の注文を別の金融機関や市場(=インターバンク市場)に流すことになります。
これを「カバー取引」と言います。つまり、業者も顧客と同内容のポジションを持つことになります。

このとき、「顧客と業者の取引」と「カバー取引」が完全に一致するならば、
業者の利益は理論上、ゼロになります。しかし、実際はそうではない。
つまり、顧客との取引とカバー取引との間に、わずかな差をつくることで、業者は手数料を得ているわけです。
その「利ざや」が、業者の収益を生むビジネスモデルとなります。

具体的には、①スプレッドと②スワップポイントで、業者は利ざやを得ています。
①スプレッドは、ご存じのとおり売値と買値の差ですが、インターバンク市場で取引されるスプレッドと、業者が顧客に提示するスプレッドの間には、若干のズレがあります。
このズレが業者の手数料となるわけで、FX業者は顧客に提示するスプレッドを自由に設定することができます。

②スワップポイントも同様で、インターバンク市場で生じるスワップポイントから、
業者はいくらか天引きした形で顧客に提示をすることになります。

なぜFX業者の利益とFX投資家の利益が相反する、と言われるのか?


上記のビジネスモデルに従う限り、FX業者が利益を最大化するためには、顧客を増やし、できるだけ多くの取引をしてもらうことが最大の使命となります。
そのために、他の情報配信会社と連携するなどして、より充実したサービスを揃え、顧客の満足度を高めようと努力して競っているわけです。

では、なぜ「FX業者の利益とFX投資家の利益が相反する」と言われるのか。
一見すると、FX会社が「カバー取引」を行っている限り、顧客の損得とは無関係であり、また、かなり確実な収益の望めるビジネスのように見えます。

問題は、全ての取引について必ず思い通りの「カバー取引」を行えるとは限らない、という点にあります。
為替市場は、ほかの市場に比べて流動性の高い市場ですが、「流動性のリスク」が全く存在しないわけではありません。つまり、インターバンクでの業者の注文が約定しない、つまり「滑る」リスクがあるわけです。

業者には、そうしたリスクへの対処法が2つあります。

1つが、顧客にそのリスクを転嫁することです。
流動性が低い時間帯や、為替が急激に変動した場合などに、顧客に提示するスプレッドを広げたり、取引を制限したり、といったことが行われます。
時間帯によってスプレッドが違うというのは、経験がある方も多いかもしれません。

そしてもう1つが、カバー取引を行わない、という方法です。
つまり、顧客の注文をインターバンク市場に流さないで、業者が抱え込む、ということです。
これを「顧客の注文を呑む」というらしいのですが、全てのFX業者が全ての顧客の取引について「カバー取引」を行っているとは限らないわけです。

この2つ目の手法については、顧客と業者の利益が相反することになります。
顧客の注文をほとんど呑んでいるような業者であれば、
顧客の利益が業者の損失、顧客の損失が業者の利益、となってしまいます。
このため、悪徳なFX業者は、顧客の利益を損害しようと、意図的にスリッページ(顧客の注文を滑らせること)などを起こしていると言われています。
そのような見方をすれば、「FX業者は投資家の敵」ということになります。

顧客との関係を左右するカバー取引は、実際どの程度行われているのか?


つまりは、カバー取引を行っているか否かで、顧客と業者の関係が大きく変わってくるということですね。
では、実際はどの程度カバー取引が行われているのか。

実は、カバー取引の状況については、金融庁によって一斉検査が行われています。
外国為替証拠金取引業者に対する一斉調査の結果について(金融庁HP)
2010年のデータですが、これによると調査対象の99社のうち、カバー取引を100%行っている(=フルカバー)業者は、73%となっています。
回答は質問票による自己申告なので、疑い出せばきりがありませんが、この数字をそのまま受け取ると、かなりのFX業者が全ての取引についてカバー取引を行っているということになります。

この結果をどう捉えるか、というのは人によって違うのかもしれませんが、個人的には、サービスに多くの投資をしている業者であれば、カバー取引を行わないというのは、割に合わないリスクだろうと思います。
まして、あえて顧客の利益を損害するような業者があれば、すぐにネットで評判が広まる社会にあっては、自然と淘汰されていくだろうと思うのですが、いかがしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

category: FX投資家とFX業者

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/234-1487511f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。