FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » トレード日記 »ついに動き出した? 円買い、豪ドル売りで参戦

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ついに動き出した? 円買い、豪ドル売りで参戦  

ここ数日焦らされた「やきもき相場」も、ついに終わりに向かって動き始めたようですね。
ようやく落ち着き始めた株式市場と、選手交代をしたかのようです。

ドル円は三角保ち合いを下抜け


ドル円はここ最近、高値を102.7~102.8辺りで抑えられながら、少しずつ下値が切り上がっていた状態でしたが、さきほど今週の安値である節目の102円を割り、三角保ち合いを下抜けした格好です。
個人的には、ドル円はこれから上昇に向かうと思っていましたが、もう少しお預けのようです。
とりあえずは下落が続きそうなので、いまは円買いで対応したいと思います。

背景にあるのは「ウクライナ情勢への警戒感からリスクオフへ」とされていますが、いまに始まったものでもないので、直接的なきっかけは、チャート上で下落のサインが出たことかと思います。
ただ、たしかにウクライナ情勢に関しては、デフォルトの危険やロシアの軍事介入など、きな臭い話題が次々と出てきていますので、当分は円買いの要因として働くものと考えます。

もし今夜のイエレン新議長の発言で、緩和政策の縮小の休止をほのめかすような文言が飛び出せば、ドル円ショート加速の格好のネタとなります。
弱気な発言に敏感な雰囲気が広まっているので、ちょっとした言葉の端を捉えて市場の心理が流れそうな感じもします。

ようやく下がり始めた豪ドル


一方で、前々から狙っていた豪ドル安が、ようやく始まったように見えます。
きっかけは豪州の経済指標でしたが、中国の金融政策による中国市場の混乱も影響しているのかもしれません。

オージードルのショートを保有中ですが、これから下落が加速するのを期待しています。
今のポジションを投入したのは2週間前。けっこう前から我慢強く持ち続けていました。
(この記事の時→豪ドルは対ドルで0.90を超えると下落を意識?
とは言え、日足のチャートで見れば、まだ雲の中。まだ気を抜けない状況ではあります。
明日以降は、また雲の下限が大きく下がるので、これがどう影響するか。

0.8900割れも、もう少しなんですけどね。
上がる時よりも落ちる時の方が早いのが相場なので、いまは、豪ドル売りで攻めていきたいです。
現在、相場の重力に従って、オージードルのショートと豪ドル円のショートを投入しています。

あと気になるのは、ユーロドルです。
このペアもようやくユーロ安に動き始めたように見えますが、焦点は来週の3月6日(木)のECB理事会。
緩和政策への期待が高まっていますが、本日も夜中にドラギ総会の発言があり、ここでも緩和について触れられるかもしれません。
ユーロドルもこれからいっそうの下落を目指すと予想しています。
ただ、個人的にユーロドルには散々痛い目にあっているので、いまは豪ドル優先でトレードしたい気分です。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/232-829332f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。