FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » トレード日記 »やきもき相場が続きますね

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

やきもき相場が続きますね  

オージードルもユーロドルも、下がるかと思えば上がったり・・・
ドル円は底堅いと言うべきか、上値が重いと言うべきか・・・
いずれも、方向性の定まらない展開にやきもきしている投資家も多いはず。

一方の株式市場は、たしかな景気回復を示す指標のない中、米日ともに大幅な株高となっています。
為替市場がじっくり動きを待っている中、株式市場の参加者は「もう我慢できない」と思ったのでしょうか。
「大丈夫、怖くないから」と言われて飛び込める度胸のある人が、買いに走っているような状態に見えます。

国際的な政治経済を見渡すと、重苦しい雰囲気が覆っています。
ウクライナ情勢では、ロシアと欧米の東西対立をメディアが煽り、TPPは難航続きで、どうやら頓挫しそうなムードが漂っています。タイ、ベネズエラでも反政府デモが激化し、多数の死傷者が出ています。

なぜ豪ドルは上昇するのか?


中国では、銀行の不動産融資の引き締め懸念から、株が続落しています。
しかし不可思議なのが、その一方で上昇する豪ドル。
先週発表の中国PMIで一度は急落したものの、ふたたびオージードルは0.90台まで回復しています。
なかなかしぶとい上に、不気味です。

豪ドル上昇の理由としては、先進国の株価上昇や、ウクライナ懸念の後退によるリスクオンが挙げられています。
たしかにカナダドル、ブラジルレアルなど、リスクオン時に買われる通貨が、全般的に上昇しているようです。

ほかに気になる動きとしては、ここのところ金の上昇が続いている、ということでしょうか。
昨年、記録的な下落幅をみせていましたが、今年に入ってからいたって好調のようです。
金の上昇は、金の産出国である豪ドルの上昇につながり、代替資産であるドルの下落を招きやすいです。

ただ、再三ブログで書いていますが、豪ドルはファンダメンタルズを考えると、間違いなく豪ドル安のはずだと思っています。それだけに、この状況には、本当やきもきさせられます。

ドルが弱い、というのも大きな要因と思われます。
この気持ち悪い状況を打開するには、やはり、アメリカが本調子に戻ってくれることが必要なのでしょう。
アメリカの住宅関連指標が上向いて、27日にはイエレン氏が強気の発言をし、来週の雇用統計で良い数字が出て・・・みたいなシナリオを通してドルが力強さを取り戻してくれたら、と思っています。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/231-128e3ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。