FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » トレード日記 »ユーロドルはもう少し伸びる?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ユーロドルはもう少し伸びる?  

さえない米指標が続く中、ドルの弱い展開が続いています。
本日公開されるFOMC議事録は、バーナンキ前議長の最後のFOMCのもの。
ここで量的緩和縮小の継続について決定された経緯がわかるわけですが、「今後も粛々と縮小を続けるべき」といったイエレン新議長へのメッセージが示唆されているかもしれません。
ただ、ある程度、タカ派的な内容であることは織り込み済みかと思うので、あまり影響はないかと思っています。

どちらかと言うと、いまの注目はアメリカの指標。
いつか弱い指標が終わってくれるという期待が「根拠なき株高」を支えている状況ですが、あまりに改善の兆しがみられないと、ふたたび悲観的なムードが市場を覆ってしまいかねません。

ユーロドルは1.380台を目指しそう


昨日までショートで持っていたユーロドルですが、1.3750を超えたところで、ドテンしました。
1月の高値である約1.374ドルを突破したことで、次の目標値は1.380台かと。
ただ、1.380台前半では、昨年の10月下旬から何度も頭打ちしているので、そのラインまで来たら注意したいと思っています。もし、それも超えてくるようであれば面白いかなと思っています。

ただ、いまのユーロは特に強い買い材料があるわけでもなく、ドルやポンドとの相対的な関係のなかで上昇しているようなトコロがあります。
もしポンドが再び勢いよく上昇したり、ドルが力強さを取り戻したりしたら、ユーロはけっこう脆く崩れてしまうかもしれません。他通貨との関係は少し注意してみてきたいと思います。

円、豪ドルはイベント待ち


日経平均は、昨日の大幅高の反動で下落しました。
これを受けてドル円は再び102円の前後をうろつくような動きに戻っています。
やはり日本に関して市場はネガティブムードが強く、黒田総裁の好パフォーマンスから一夜明けると、懐疑的な意見が目立つようになっています。いまのメディアはネガティブな材料ばかり集めているのでしょう。

また、豪ドルについても、ここのところ方向感のない展開が続いています。
オージードルは、下落方向を予想しているのですが、なかなか0.90ドルを大きく割り込んでくれません。
いまは、円も豪ドルも強いイベント待ちの状態なのかもしれません。

注目されるのは、明日の朝の中国HSBCの製造業PMI。
1月ほどのインパクトはないと思いますが、また悪い数字が出れば、ドル円もオージードルも下落するでしょう。
逆に、もし良い数字が出れば、今週末のG20をもって新興国不安に一区切りを付けられるかもしれません。
いずれにしろ、円と豪ドルは、いまは様子見の方が良い気がします。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/225-896b3330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。