FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » おすすめ商品・アプリ »ロイターなどの英語サイトを読むのに超便利なchromeの辞書アプリ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ロイターなどの英語サイトを読むのに超便利なchromeの辞書アプリ  

今日もお疲れ様です。また一週間が始まりましたね。
アメリカ市場が休場ということもあり、本日は動意が薄いようです。
たまにはアプリのご紹介なんてさせて頂きたいと思います。

「トレード情報の入手」と「英語の勉強」の二兎を追うのにオススメな辞書アプリ


アメリカの本場の情報が欲しい。
トレードのための情報収集を行っていると、そう感じる時がありますよね。
ロイターなんかは日本語版のサイトもありますが、時間差がありますし、記事のメニューも違ったりします。そして、残念ながら、日本語サイトは世界基準でみれば、圧倒的にローカル。
やはりアメリカの情報に直接アクセスできる人は、(日本国内の)情報戦で優位に立てます。

ロイターやブルームバーグの英語サイトを読みたい、ついでに英語の勉強もしたい、
そして、いつかはウォールストリートジャーナルを購読したいと考えている人(←僕です)
そんな欲張りな人にオススメのアプリがこれです↓

Weblioポップアップ英和辞典(リンクはこちら

無料でダウンロードが可能です。ただし、google chromeブラウザを使用している人限定。
英語サイトを開いているとき、マウスをかざすだけで、すぐに辞書で意味を調べてくれます。
一瞬で和訳してくれるので、ストレスを感じることなく、とても便利です。

市場関係者がチェックしている英語サイト


FXはインサイダーの少ない世界であり、多くの市場参加者がオープンな情報をもとに戦略を練っています。
西原宏一氏の『シンプルFX』(以前、ブログで紹介した記事はこちら)では、世界の市場関係者がチェックしている英語サイトが4つ紹介されています。

有益な経済・為替情報サイト(いずれも無料)↓
・Reuters(http://www.reuters.com/
・Bloomberg(http://www.bloomberg.com/
…言わずとしれた有名サイト。日本語版もありますが、できれば英語版もチェックしたいです。

・ForexLive(http://www.forexlive.com/
・ZeroHedge(http://www.zerohedge.com/
 …日本語サイトはありませんが、FX投資家がよくチェックしているサイトだそうです。

世界中の投資家が注目しているサイトですので、記事が為替相場に影響を与えることもあります。
政治経済ニュースはもちろんですが、市場の関心の動きを知るという意味でも、ぜひ英語のメディアに触れていきたいな、と思っています。
関連記事
スポンサーサイト

category: おすすめ商品・アプリ

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/223-bdd18262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。