FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 為替・金融を学ぶ本 »円安シナリオの落とし穴/池田雄之輔

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

円安シナリオの落とし穴/池田雄之輔  


円安シナリオの落とし穴 (日経プレミアシリーズ)円安シナリオの落とし穴 (日経プレミアシリーズ)
(2013/12/10)
池田 雄之輔

商品詳細を見る


野村証券の為替ストラテジストによる、為替の見方、展望について解説した本です。

著者が投資戦略を提供する“お客さん”は、投機的プレーヤーの代表格であるヘッジファンドが7~8割、投資信託や保険会社などの「リアルマネー」と呼ばれる長期投資家が2~3割とのこと。
その“商品”である投資戦略を設計する際の、著者の立案過程、いわば“手の内”を公開しているのが本書であり、丁寧に読み込んでいけば、非常に勉強になります。

為替を動かす「三層の波」


著者は、ドル円相場を動かす要因を三つにわけ、それを「三層の波」と呼んで、それぞれの解説をしています。

(1)投機(ヘッジファンド)
(2)貿易収支などの円需給
(3)日米金利差


それぞれの影響について、(1)は「爆発的だが短期の影響」、(2)は「緩やかだが長期の影響」、(3)はその「中間」としています。

各要因について、過去のドル円の動きと著者の見立てなどの事例を振り返りながら、“どのような要因がどのように為替に影響を与えるのか”を解説してくれるのですが、ひとつひとつ根拠となる数字や図表を丁寧に示しているので、とても誠実で親切な印象を受けます。
特に、複雑で見極めるのが難しい「円需給」に関する解説については、これほど丁寧に分析している本はないのではないか、と思われるほどです。

円需給については、主に「貿易収支」「所得収支」「対外直接投資」「投信マネー」「生保マネー」の観点から説明されていますが、どれも公に発表される数字からでは、その影響を見極めるのが難しいものばかりです。
例えば、海外との間で定期的にやり取りされるお金を集計した「経常収支」は以下の式で示されます。

 経常収支 = 貿易・サービス収支 + 所得収支 + 経常移転収支

2012年度は、「貿易・サービス収支」が約9.4兆円の赤字、「所得収支」が約14.7兆円の黒字、「経常移転収支」が約1.0兆円の赤字で、それらを合計した「経常収支」は約4.4兆円の黒字でした。
(「所得収支」とは、「債券の金利、株式の配当金、直接投資からの配当のやりとりを集計したもの」)

ということは、単純に考えると、海外から日本が受け取るお金が超過していることを示しており、円高要因となるのではないか、と考えてしまうのですが、実のところはそうではない。なぜか。
専門家でなくとも、もしかしたら少し考えてみればわかるのかもしれません。
答えは本書で確認してください。ヒントは「円転」(リパトリエーション)です。

あと、他にも多くのことが勉強になったのですが、一つ挙げたいのが、原発停止の貿易収支への影響。
エネルギー輸入の急増や、貿易収支が赤字に転落したのは、東日本大震災直後のことです。
そのため「原発の停止が貿易赤字の最大の原因」と僕も勝手に思っていたのですが、そうした考え方が知識不足に基づく誤りであるということが、数字を示されるとわかります。

今後のドル円相場の展望について


著者は、アベノミクスによる円安相場を振り返りながら、向こう2年間の相場の展望についても触れています。

ヘッジファンドは徐々にドル円ロングの手仕舞いを始めており、「三層の波」のうち「(1)投機(ヘッジファンド)」によるドル円押し上げは望みにくくなってきている。しかし一方で、これからは「(2)円需給」、「(3)日米金利差」が中長期的なドル円上昇を支えるであろう、としています。

参考までに、著者の書いたウェブ記事を貼り付けておきます↓
米ドル/円のターゲットは110円。2014年は緩やかな円安トレンドへ

本書が発行されたのは、2013年12月9日。
年初以来の円高進行の前に書かれたものですが、ヘッジファンドによるポジションの巻き戻しがひと段落した(ように思われる)今こそ読むべき本なのかもしれません。
複雑な為替の動きのカラクリを少し解明できたような気がします。為替の奥深さを知ることができるとともに、為替ストラテジストという職業の厳しさも知ることができる良書だと思います。

関連記事
スポンサーサイト

category: 為替・金融を学ぶ本

thread: ビジネス・起業・経営に役立つ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/214-d4b9457d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。