FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » アルゼンチン・ショック »大荒れの2日間。どの通貨ペアのトレードが最も稼げたのか。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

大荒れの2日間。どの通貨ペアのトレードが最も稼げたのか。  

今週の木、金は、大荒れでしたね。多くのリスク通貨が急落しました。
トレンドの強さの順に並べるならば、下落トレンドは「南アフリカランド安」「豪ドル安」「NZドル安」「ポンド安」「加ドル安」「ドル安」、上昇トレンドは「円高」「スイスフラン高」といったところでしょうか。
この動きを早くに察知していれば、1月の中で最も稼げる2日だったはずです。
プロ投資家はこういう場面に荒稼ぎしてしまうんでしょうね、きっと。

23,24日のそれぞれ通貨ペアの変動幅を示すとこんな感じです↓

①対円(ショート)
ポンド×円…約520pips
ランド×円…約520pips
豪ドル×円…約400pips
NZドル×円…約300pips
ドル×円…約290pips
加ドル×円…約230pips(22日からだと約330pips)

②対フラン(ショート)
豪ドル×フラン…約350pips
ポンド×フラン…約280pips
加ドル×フラン…約240pips
ドル×フラン…約230pips

こう並べてみると、FX投資家にとっては、かなりの稼ぎ時であったことがわかります。
ポンドはもともとボラティリティの高い通貨ですが、ランド、豪ドル、NZドルが2日間でここまで下がったのは、おそらく昨年の4月中旬(中国、米国の経済指標の鈍化を受けて円が急反発)以来だと思います。

変動原因について整理していたら結構長くなってしまったので、次の記事に分けて投稿します。
関連記事
スポンサーサイト

category: アルゼンチン・ショック

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/201-b8ecc8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。