FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 2014年予想 »2014年はFRBの緩和政策の終了によりドル高?(FRBとドルの2013→2014)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2014年はFRBの緩和政策の終了によりドル高?(FRBとドルの2013→2014)  

円、ユーロ、豪ドルとまとめ記事を書いてきましたが、
最後にFRBとドルの2013年の振り返りと2014年の予想についてまとめてみました。



<2013年>
やはり、一年を通して最も世界の市場を動かしたのは、FRBです。
特に2013年は、金融危機後から行われている量的緩和政策(QE3)の縮小開始への思惑を巡って、
連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されるたびに、市場は敏感に右へ左へと反応しました。

サプライズだったのは、6月のFOMC終了後の発表でした。
それまでQE3の出口への具体的な戦略を示さなかったバーナンキ氏が、2013年秋ごろから徐々に縮小を初め、2014年半ばにQE3を停止するという姿勢を表明。これにより、ドルは一気に上昇しました。
しかしその後、思わしくない経済指標や議会での財政協議の難航などを受け、縮小開始は延期されました。

FRBの次期議長をめぐっても市場は揺れました。
緩和政策に批判的な”タカ派”のサマーズ氏と、雇用重視の”ハト派”として知られるイエレン氏。
イエレン氏優勢、サマーズ氏優勢などの情報が錯綜する中で市場も振り回されましたが、9月、失言問題等で風当りの強まったサマーズ氏が議長候補の辞退を申し出ると、市場の雰囲気は一変しました。
特にQE3を中心に、今後も緩和的な政策が続けられるだろうという見方が大勢を占め、株高が進みました。

2013年は、経済指標が市場に与える影響を見極めるのが難しかった1年のように思います。
経済指標が良い→株高・リスクオン、というのが基本シナリオですが、
経済指標が良い→緩和縮小開始への思惑が強まる→株安・リスクオフ、という倒錯したシナリオもありました。
それだけ緩和縮小への市場の思惑が、実体から乖離して市場に影響を与えていました。

そして2013年の最後のサプライズは、バーナンキ議長の就任期間も残り1ヶ月となった12月。
アメリカの景気回復を受け、2014年1月に量的緩和政策の縮小を開始すると決定しました。
縮小幅は、住宅ローン担保証券(MBS)が400億ドル→350億ドル、長期国債が450億ドル→400億ドル。
これにより、ドル高が進行。同時に、上述のような株式市場への悪影響も懸念されましたが、
声明発表時、”恒常的に経済指標が良い結果が出ない限り緩和政策を継続する”という慎重なフォワード・ガイダンスを示したため、株式市場も好感し、年末の株高を上手く導くことに成功しました。
FOMC声明全文(ロイター記事)



<2014年>
2014年も、FRBの量的緩和政策の出口戦略に注目が集まります。
好調な経済指標が続けば、縮小幅の拡大が予想され、ドル高に繋がるものと思われます。
実際、1月2日に発表された経済指標の好結果を受け、ドルの上昇がみられました。

出口戦略の進め方については、イエレン次期議長の手腕が問われるところです。
バーナンキ議長は、今後も慎重に緩和政策を継続すると強調することで、見事に縮小開始の決定と株高との両立を実現させました。ただ、足元では少しずつ長期金利が上昇し始めています。
量的緩和の縮小と低金利はある種トレードオフの関係にあります。
リーマンショック以来、ようやく住宅市場が回復傾向にあるところですが、金利の上昇は景気回復に水を差しかねません。

とても難しい舵取りが求められる中、どのようにイエレン次期議長が量的緩和を終わりへ導くのか。
今後もあくまで経済指標を重視した緩和政策を続けていくものと予想されますが、
1つの目安として、バーナンキ氏が2013年6月に示した「2014年半ばに終了」があるかと思います。

現在の量的緩和は壮大な実験の過程であり、長すぎる金融緩和が歴史的な大失敗を招く可能性もあります。
バブル懸念がある以上、緩和を終了させる責務がFRB議長にあると考えると、
今後は、”緩和をいつになったら止めるのか”という議論が中心になってくると思います。

円のまとめユーロのまとめを踏まえ、2014年は対円、対ユーロでドル高の目線で攻めたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

category: 2014年予想

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/190-6b90e20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。