FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 経済について学ぶ本 »経済ってそういうことだったのか会議/佐藤雅彦、竹中平蔵

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

経済ってそういうことだったのか会議/佐藤雅彦、竹中平蔵  


経済学とは何のためにあるのか。
そんな経済学の本質的なあり方を教えてくれる、優れた経済入門書を紹介します。


経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
(2002/09)
佐藤 雅彦、竹中 平蔵 他

商品詳細を見る


メディアクリエーター・佐藤雅彦氏と経済学者・竹中平蔵氏の対話形式で繰り広げられる経済入門書です。
それぞれの業種を代表する著名人同士の共著ということで、一般の人々だけでなく多くの専門家等にも幅広く読まれているようです。

基本的な構成としては、佐藤氏の疑問に竹中氏が丁寧に答えていくという形です。
内容は、貨幣と信用創造、株や為替、税金、世界経済、起業など経済に関連するテーマを幅広く拾っています。
わかりやすい例えと易しい言葉で進められるので、終始なごやかな雰囲気。
経済に詳しくない人でも、コラムのような読み物として気軽に楽しめることができます。

本書の読みどころは、なんと言っても佐藤氏の絶妙な切り口です。
身近な生活に引き寄せて根本的な問いかけをするのですが、どれも本質的な切り込みばかり。
頭抜けたコンセプトで人々の心を掴むクリエーターの真髄を垣間見ることができ、佐藤氏の質問力に本書の唯一無二の意義を感じることができます。

位置づけとしては経済の入門書ですが、意外と知識の含有量が多いのも特徴です。
そして何より、経済の本質から説明してくれるので、上辺だけでない知識を身につけることができます。
佐藤氏の質問力も優れていますが、それに平易な言葉で解説をする竹中氏の説明力も素晴らしいです。
“どのような共同体を築きたいのかを議論するのが、経済学である”
経済学の理論と現実の現代社会をリンクさせながら、上記のメッセージを伝えてくれます。
そうした意味では、為政者としての視点が多分に含まれた本でもあります。


気をつけたいのは、本書が執筆されたのは平成12年であり、リーマンショックは当然訪れていませんし、ユーロもまだ導入直後であるということ。
ただ、タイムリーではないものの、経済の仕組みを学ぶのに優れた一冊であることには間違いありません。
経済に疎い人でも、そうでない人でも学ぶところの多くある本だと思います。

個人的には、本書が発行されてから約四半世紀後を迎えようとしている現代社会を題材にした対話も読んでみたいところです。
現在、TPPやユーロ圏の銀行同盟など、「国家間の経済的な統合」に関する議論が進んでいますが、その実は各国の利害調整が上手くいかず、大きな歪みを抱えているように見えます。
その“無理やり感”について、佐藤氏と竹中氏ならではの視点から意見を聞いてみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

category: 経済について学ぶ本

thread: 考えさせられる本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/185-f481295f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。