FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » トレード日記 »週越しのドル円ロングポジションふたたび

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

週越しのドル円ロングポジションふたたび  


今週はドル円ロングの一本勝負でした。
先週末からずっと持ち越しているポジションです。

アメリカ財政問題による急落をおそれていたのですが、
リスクオフ+共和党の歩み寄りにより、ドル高の一週間となりましたね。
ポジションも+150pipsと、良い感じに含み益が膨らんでいます。

まだ緊張は続いており、週越しはリスキーでもありますが、
ここまできたらアメリカ議会の解決を見届けるまでは、持ち続けてみたいです。
もし上手く運べば、一時的にしろ、いっそうのドル高が見込めます。
当初の予定どおり99円台まで、あるいは勢いがあれば100円台まで保持できればと思っています。



実は、来月初旬にワシントン、ニューヨークに行く予定があります。
が、債務上限問題は何とかなるでしょうが、政府機関の一部閉鎖がいつまで続くか、ちょっと心配です。

現在、アメリカの政府関連のHPもすべてシャットダウンされており、
たとえば日本の検疫所などに問い合わせても、現在のアメリカの検疫の状況を確認できないようです。
また、ワシントンのスミソニアン博物館や、ニューヨークの自由の女神なんかも今は閉鎖されています。
まぁ、別に観光に行くわけではないので、良いのかもしれませんが・・・。


今回のアメリカの財政問題は、経済ではなく、完全に政治マターですよね。
一国の政治間対立のために世界金融危機を招いてしまう。こんな恥なことはありません。
たちの悪いことに、両党ともにその「世界金融危機」を駆け引きのタテにしているようです。

おいおい、ちょっと待った、と世界中が思っています。
それは違うだろう、と。問題解決の手段として、あまりにも幼稚です。

「世界金融危機」や「政府機関の閉鎖」を政治の道具にしないカタチで、
世界中がアッパレと思うような解決をはやく見せてほしいものです。
そうすれば、僕のアメリカ渡航に支障は生じず、ドル円ポジションもさらに稼いでくれるハズです。笑


この問題については、世界からアメリカを見つめる視点と、
アメリカ内部の国民が見ている視点とでは、深刻度の意味合いが異なるのだろうと思います。
もしアメリカで現地の人とこうしたトークをする機会があれば、
どう感じているのかちょっと聞いてみたいなーなんて思ったりします。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/169-22f087ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。