FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » トレード日記 »市場のテーマは移ろいやすく

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

市場のテーマは移ろいやすく  

今日はFOMCの発表。
ポジションを入れるのは、やっぱりその後ですね。
相場も完全に様子見モードに入ったようで、昨晩はほとんど動きませんでした。
なんとなくですが、緩和縮小の規模は小さめ→ドル安、というシナリオな気がします。

ドル円、豪ドル円のロングポジションを保有していたのですが、
それぞれ+20pips、+40pipsでいったん利益確定しておきました。
しかしその前に月曜日にドル円で-60pipsの損切りをしているのでトントンです。

シリアに関する米ロ合意のニュースはほとんど市場に影響を与えなかったようですね。
月曜の朝方にサマーズ氏が次期FRB議長の候補を辞退したというニュースが市場の関心をさらい、いったんドル安が進みました。
市場のテーマは一瞬にして移ってしまうということを改めて感じました。
その後は、ハト派のイエレン氏が有力候補になったことで、量的緩和縮小への懸念が後退し、株高が進行。それにつられて徐々にドル高へと変わっていきました。

今日の最大の関心事はFOMCに違いないのですが、その影響がしばらく続くのではなく、他のニュースがあれば市場の関心がすぐに移ってしまうという事もありそうです。
特に9月は、市場を動かしそうなテーマがたくさんあります。
ユーロを見てみれば、ドイツの総選挙や、イタリアのベルルスコーニ氏の進退問題。各国の景気が持ち直しているなんていうニュースもあったりします。

ユロ円は5月20日の高値133.8円の更新を試す展開が続いています。
これを一気に突き抜けるか、または跳ね返されてしまうのかが今注目しているところです。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/156-86e03a80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。