FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 身に付けたい仕事術 »オンライン英会話の教科書/嬉野克也

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

オンライン英会話の教科書/嬉野克也  


オンライン英会話の教科書オンライン英会話の教科書
(2013/08/27)
嬉野 克也

商品詳細を見る


今ハマッているのがオンライン英会話です。
月々6000円程度で毎日マンツーマン英会話ができるなんて、ホント便利な時代ですよね。
その良さをたっぷり語ってみようと思いますが、まずは本書の紹介です。

本書は、オンライン英会話を“使い倒す”ためのハンドブックです。

自分を変えたいという思いから、36歳になって英語学習をはじめた著者。
オンライン英会話で発話力を鍛え、仕事で外資系企業とのやりとりを任されるほど英語が上達したそうです。
「仕事で英語を使うって言われてもピンとこない」という人にとってロールモデルになるかもしれませんね。

その著者が、自身の経験をもとにオンライン英会話の効果的な活用法を紹介しているのが本書です。
正直に言って、オンライン英会話をやるなら、これは読まないと損です。

これは、数回オンライン英会話をやってみて思ったことですが、
正しい活用法を知らなければ、まず英語力は上達しないと思います。

オンライン英会話は、Skypeをつかって先生とマンツーマンレッスンを行うものです。
先生はみな本当に優しくてフレンドリーです。(そして何気に美人な先生が多い。笑)
僕は毎回「あー」とか「えー」とか言いながら、英語を考えるのにとても時間がかかってしまうのですが、
親切な先生方は、とても辛抱強くつき合ってくれ、気まずいムードにならないよう配慮してくれます。

それはとても良いことで安心できるのですが、しかし、それだけに親切心に甘えてしまいがちです。
極論を言えば、最低限の定型文と「何を言っているのかわかりません」だけをマスターしておけば何とかなってしまいます。

しかし、本当に身につけたい英語力は、自由に表現できるレベルのはず。
そのためには、受け身ではなく、能動的にオンライン英会話を活用していく必要があります。
そして、先陣を切ってその活用法を切り拓いて示してくれているのが、本書。
これを使わない手はありません。
何だって上達する一番のコツは、先達に“学び方”を学ぶことです。


本書は、効果的な上達に欠かせない予習と復習の方法や、実際のレッスンの“創り方”を紹介してくれます。
レッスンの内容は、テキストでもフリートークでも何でも、先生に自由に希望を伝えることができるのですが、これがレッスンのポテンシャルを引き上げる重要なポイントのようです。
自分のレベルにあわせて、最も効果的に発話力を向上させるレッスン方法を示してくれます。

その中でも最もレベルの高い活用法と感じたのが、3分スピーチです。
先生にピックアップしてもらったニュース記事をもとに、1分間で内容を考え、3分でスピーチを行うというもの。日本語だってなかなかできるものじゃないですよね。
オンライン英会話の先生は、だいたいフィリピンの方が多いのですが、みな知的好奇心が高いです。
そのため、スピーチ後には内容面、語学面どちらにおいても実に的確なフィードバックを与えてくれるそうです。


本書は、オンライン英会話の可能性を広げてくれます。
それはすなわち、自分自身の英語能力の可能性も広げてくれることを意味します。
早く3分スピーチのレベルまで英語力を高めたいと、勉強の意欲もかき立ててくれます。
英語を学びたい人には、ぜひぜひ読んでみてほしい一冊です。


最後に、オンライン英会話のおすすめポイントを挙げてみますね(まるで業者の宣伝みたいですが)。
僕としては、英会話教室を検討するなら、絶対にオンライン英会話をすすめます。

■何といっても安い
普通の英会話教室なら40分のレッスンが一回あたり5000円以上するのに対して、オンライン英会話は25分のレッスンを毎日受けると一回あたり200円未満(月額6000円程度のため)。破格の安さです。
■時間が自由に選べる
毎朝でも毎晩でも、その日の都合にあわせてレッスンの時間を気軽に選べます。人気の先生はすぐに埋まってしまいますが。通学時間なども気にする必要はありません。
■内容はフリー
先生は自分で選べるので、毎回先生をチェンジしたり、同じ先生のレッスンを続けて受けることもできます。内容は、テキストに沿ってやるのか、自由会話を行うのか、何かの記事をトピックとして会話を行うのか、自分の希望を伝えることができます。本書で紹介されるように、書いた英文を添削してもらったり、議題を与えられて3分間スピーチを行ったり、レベルの高い授業を自分でつくりあげることもできます。
関連記事
スポンサーサイト

category: 身に付けたい仕事術

thread: オススメの本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/155-d75ca102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。