FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » トレード日記 »明日は円安ドル高よカモン!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

明日は円安ドル高よカモン!  


シリア情勢は、米ロの合意で一回戦はとりあえず落ち着いた、というのが大きなニュースとなっています。
内容は、アサド政権に化学兵器の廃棄を求めるという政治的、外交的な解決方法。
つまりは、アメリカが武力行使という姿勢を曲げたわけで、オバマ政権の負けを意味するんですよね。

シリア情勢をめぐってはオバマ大統領の弱腰な姿勢が目立ちましたが、今回の件でさぞ国内の批難を浴びるかと思いきや、そもそも武力行使反対が大勢を占めているアメリカ市民にとっては朗報だったようです。
(アメリカのYahoo!ニュースのコメント欄には歓迎のコメが並んでいました。信頼性は不明ですが)
アメリカ人は血気盛んであるという印象を持っていたのですが、もうだいぶ古いイメージのようですね。

これを受けて、月曜日は円安、ドル高が進むのではないかと思われます。
しかし、17日から18日にかけて、世界中の注目するFOMCの会合が開かれます。
緩和縮小はある程度織り込み済みと思うので、どの位のペースで縮小するのかというのがポイントかと思います。
ただ、先月の雇用統計の結果が思わしくなかったので、先送りなんてこともあるのでしょうか…?

いずれにせよ、市場には大きなインパクトを与える会合となりますが、どう転ぶかは読めません。
決定がどうなるかも不明ですし、緩和縮小政策が市場にどう受け止められるのかも不明です。
緩和縮小が決まったからと言って、単純に株安→ドル安という流れになるとも言い切れないでしょう。
つまり、市場の方向性が見えるまでは手を出さない方が賢明、と僕は判断しました。

ただ、僕の場合、先週末からドル円、豪ドル円のロングポジションを保有しているので、
月曜日中に上昇すれば、タイミングを見計らって引き上げたいと考えています。
もし下落しようとも、火曜日の夜がくる前には手仕舞います。というより、損切りラインに引っかかります。

今月もやはり、第一週は勝ち越したが、第二週は負け越すというパターンでした。
必ず負ける事はあるので、勝ちと負けのトータルがプラスになれば良いという理屈はわかっているのですが、どうしても負け越すと「何くそ、来週こそは」と思ってしまいます。
感情的なトレードは損失のもと。そろそろ学習せねばならんと心から思います。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/154-1ea82563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。