FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 価値観を変える啓発書 »日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。/太田英基

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。/太田英基  


日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。
(2013/04/24)
太田英基

商品詳細を見る


我々はグローバル化の意味を本当に理解しているのか?

本書が日本の若者に訴えたいメッセージは、次の一文に込められています。
≪頭の中にある「日本地図」を、今すぐ「世界地図」に塗り変えよう。≫
この意味する所を、著者はあの手この手で示してくれます。
力強い言葉とともに紡がれるグローバル論は、きっと読者の思考と行動を変えてくれるはずです。

目指す地点は、「世界を舞台に活躍できる人間」になること。
なぜ「世界を舞台に活躍できる人間」にならなくてはならないのか。
その理由について、著者は具体例を交えながら熱く語ってくれます。
自分は、グローバルには縁がない。そう思っている人にこそ読んで欲しいです。

まずは、いかに日本人はガラパゴス化した発想に囚われているか、を知ることから始まります。
つまり、日本のグローバル思考と世界のグローバル思考の間のギャップを把握するということです。
次の質問を考えてみてください。
「グローバルにビジネスを展開するとはどういうことか?」
あなたなら、どのように回答しますか。
「国内のビジネスを、韓国、中国、東南アジア、アメリカなどに展開していくこと」
そういった答えであれば失格です。日本人的発想に囚われています。

正解はこうです。

本当にグローバルに動いているビジネスマンは、良いアイデアを思いついたら、『それが地球のどこで求められているのか』をまず考えるんだ。例えば、Aというアイデアを思いついたら、日本人には必要ないかもしれないけれど、メキシコ人には必要とされているかもしれないと思考する。<中略>とりあえず東京から…なんてことを彼らは絶対に考えない。何より先に、閃いたアイデアを、この地球上の誰が必要としているのかを考えるんだ。

この引用から、”頭の中の地図を「世界地図」に塗り変える”という意味が少し伝わったかと思います。

グローバルに対応したスキルアップの必要性に疑問を感じている人々、
これから世界を股にかけたビジネスを展開したいと野望に燃える人々、
グローバルについて何かしら思う所のある人々すべてにオススメできる本です。
読了後には、意識や思考にポジティブな変化がもたらされていることを保証します。



本書の想定する対象は、閉塞感に覆われた現代日本の若者となっており、
あとがきに書かれた「やりたいことが見つからない」若者向けのメッセージが心を打ちます。
≪社会全体が50階建てのビルだとしたら、僕ら若者が知っているのはせいぜい5階ぐらいまでなんだ。≫
この世界は深くて広い。まだまだ知らないことで溢れている。
だから、本当にやりたいことにまだ出会っていないだけなのだ、ということです。

若者がやるべき事は2つある。
1つは、広い世界を知り、視野を広げる努力をあきらめずに続けること。
もう1つは、チャンスが訪れた時に、それを掴める準備を怠らないこと。

本書では、意識の変化のその先である、行動の変化に訴えかけることを意図しています。
行動が変わらなければ意味がないのです。
とても小さな例で恐縮ですが、僕はとりあえずオンライン英会話を始めてみました。
英語の表現を探して口を閉じてしまうと、すぐ「Talk!」と急かしてくれます(笑)
やっぱり、言葉は使い慣れないと出てこないものですね。
これから毎日訓練を積んで、チャンスが訪れた時のための備えをしておきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

category: 価値観を変える啓発書

thread: オススメの本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/149-61173dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。