FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 身に付けたい仕事術 »すぐに稼げる文章術/日垣隆

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

すぐに稼げる文章術/日垣隆  


すぐに稼げる文章術 (幻冬舎新書)すぐに稼げる文章術 (幻冬舎新書)
(2006/11/30)
日垣 隆

商品詳細を見る


「読ませる文章」とはどういう文章か。どうすれば書けるのか。

ブログを始めてから、こうした類の本が目につきやすくなりました。
意識して探してみると、日本には文章術に関するハウツー本が溢れるほど存在していることがわかります。
その中から古本屋で手に取ってみた一冊が本書。

結論から言って、本書はアタリでした。
ジャーナリストの立場から「読ませる」文章術について指南してくれるのですが、非常に具体的で実用的。
鋭く攻撃的な文章のために、アマゾンレビューでは多くの不評を買っているようですが、無視しましょう(笑)

たしかに、公に出された他人の文章を「悪文」として紹介し、ダメな点を挙げ連ねていく“公開処刑”のようなスタイルなので、読んでいて正直あまり良い気はしません。
(アマゾンのカスタマーサービスの文章にまで牙を剥いていては、著者の日常生活はさぞ苦に満ちている事だろうと余計な心配をしてしまいます。。笑)

しかし、本気で良い文章を書きたいと思っている人々(僕もその一人です)にとっては、有意義な一冊であることは間違いありません。
「おもしろい文章」「うならせる文章」を書くために押さえるべき要諦を丁寧に示してくれます。
攻撃的な文章も「読ませる」テクニックの1つ。ライターは非難されてナンボといった意識も垣間見えます。

本書の中で、読ませる文章について、一言で語っている箇所があります。

文章がおもしろいということは、ひとことで言えば意外性があるということです。

同じことは、『「読む・考える・書く」技術』(午堂登紀雄著)でも述べられていたと記憶しています。

しかしまぁ、意外性のある文章を書くには、それなりの観察眼を持っていなくてはなりません。
そして、それはなかなかに難しい。
出来ないなら文章を書くことに向いていないんじゃないか、という人もあるかもしれません。
ですが僕は、向いているor向いていない、という区分けは嫌いです。
「向いていない」ことを挙げ始めると、何もできなくなってしまいます。

まずは、方法論を踏まえた努力です。
人と同じものを見ながら「意外性」をえぐり出す観察眼を磨くこと。
そして、見つけ出したものを最も効果的に演出するアウトプット力を鍛えること。
それらが「読ませる」文章術を身に付ける最短の道なのだと理解しました。
関連記事
スポンサーサイト

category: 身に付けたい仕事術

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/148-12b9dd8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。