FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » トレード日記 »今週はブレイクorレンジの分岐点

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今週はブレイクorレンジの分岐点  

先週水曜日に仕掛けたドル円ロングは、がっつり利益を頂きました。+150pips。
金曜にレンジ相場を上抜けるかと思ったのですが、今はレジスタントライン上に戻しています。
どうもドル円相場はブルの勢いが強そうですが、一度再びレンジ内に戻すという可能性もあります。

今週は今のところ、これといったトレンドが見つけにくいと感じるのですが、どうでしょうか。
ユーロの買いも強いですが、ユロ円は7月下旬の高値辺りで少し押し戻され、ユロドルは6月中旬の高値を少し過ぎた所で僅かに上ヒゲを残しています。
豪ドルも下げていますが、これも8月上旬の下値で足踏みしているような状況です。
ただ、逆にいえばブレイクorレンジへの戻りという二択が控えている相場が多いので、一度動き出せば予想しやすいのかもしれません。
ということで、上記の相場に目を光らせながら、少し様子を見ます。

本格的な勝負は9月となりそうですね。
今後のトレンドテーマを左右するイベントが目白押しです。
何と言っても米国では、9/6に雇用統計、9/17,18にFOMC(縮小緩和なるか?)があります。
国内は、9/7にオリンピック開催地決定、9/9のGDP改定値発表。
(どうやら甘利大臣は、消費税増税の最後の材料判断は10月1日の日銀短観と発言したそうですね)
いずれも順当に行けばドル高円安となる要因です。

他には、EUの牽引役であるドイツの総選挙が9/22に控えてたりもします。
9月は何かとボラティリティの高い相場になりそうです。上手くトレンドに乗れたらいいなと願うばかりです。



新興国の通貨安が騒がれています。
米の量的緩和縮小が強まってきた5月以降、急速に下落しているようです。
特に深刻なのが、インドネシア、インド、ブラジルなど、経常赤字を抱えている国々。
しかし一方で、経常収支がプラスの韓国、メキシコなどは持ちこたえているようで、二極化が進んでいます。

15年前のアジア通貨危機と重ね合わせて見ている人も少なくないようです。
先進国の資金引き揚げ、日本の消費税増税などが偶然にも類似しているとか。
何にせよ、新興国は先進国の金融経済に踊らされっぱなしという世界経済のシステムは過酷だなという印象です。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/131-e0b04c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。