FXと読書で人生を変えよう! ホーム » スポンサー広告 » 新しい社会貢献を知る本 »プロボノ 新しい社会貢献 新しい働き方/嵯峨生馬

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

プロボノ 新しい社会貢献 新しい働き方/嵯峨生馬  


プロボノ―新しい社会貢献新しい働き方プロボノ―新しい社会貢献新しい働き方
(2011/04/20)
嵯峨 生馬

商品詳細を見る


社会貢献についての関心は年々高まっているように感じます。
社会起業家の著した本も以前紹介しました。
そして今、(社会起業家よりは認知度が低いと思いますが)「プロボノ」という存在も注目され始めています。

「プロボノ」とは何か。
語源は、ラテン語の「公共善のために(Pro Bono Public)」に由来するようです。
本書では、「社会的・公共的な目的のために、自らの職業を通じて培ったスキルや知識を提供するボランティア活動」と定義されています。
つまり、自らの「スキル」や「ノウハウ」をNPOに提供するという新しいボランティアです。

これは、NPOにとってもボランティアをする側にとってもメリットがあると述べられています。

NPOは営利目的の民間企業とは異なり、「マネジメント」や「専門性」が弱いという側面があります。
そこで、「プロボノ」という形でNPOの運営に参画することで、NPOの成果を高める事ができます。
例えば、マーケティングやデザインの経験を持つボランティアが集まって、NPOのHPやパンフレットを刷新するなどして、寄附が集まったり、会員が増えたりといった成功事例が挙げられます。

また、注目すべきは、「プロボノ」を行う側にとってもメリットがあるという事です。
本書によると、「プロボノ」への参加理由として、視野の広がりや人脈の広がりを求めているビジネスパーソンが多いそうです。確かなスキルを持った人々の集まりであるため、異業種の交流による刺激が得られるという魅力があり、ボランティアのモチベーションは総じて高いそうです。

「プロボノ」は企業とNPOの協働について書かれたこのような記事でも取り上げられています。
この記事によると、NECやマイクロソフト、ゴールドマン・サックスなどの大企業のビジネスパーソンが「プロボノ」に参加して、モチベーションを高めている様子がうかがえます。



著者は、「サービスグラント」というNPO法人の代表を務めています。
当該法人は、NPOを支援するNPOですが、助成金や寄附のような「お金」ではなく、「プロボノ」という「スキル」と「ノウハウ」を提供することによる支援を行っているプロボノ集団です。

本書では、「プロボノ」の魅力の紹介から、実際のプロジェクトの進め方などについて総論的に述べられており、「プロボノ」という新しいボランティアのスタイルを伝える入門書のような内容となっています。
プロボノに関する書籍はあまり見られませんので、プロボノに興味があるという方にはオススメです。



少し本書の意図からは脱線しますが、日本のNPOは「財政基盤の脆弱さ」がよく指摘されます。
ただし、だからと言って、NPOに「お金」を与えればいいと言う風潮はもう古いと感じます。
米国などのNPO先進国では当然視されているようですが、日本のNPOにも収益性を考慮した「ビジネス」の視点が求められるようになってきています。
マッキンゼーなどの優秀な頭脳の持ち主が社会起業家として成功しているのは、社会貢献をしながらビジネスが成立するモデルを描く事ができているためです。

NPOであっても、行政の補助金などに頼るのではなく、事業の運営に必要な資金は自前で調達する。
非営利団体があの手この手で資金を調達する手法を「ファンドレイジング」と呼びますが、そうした戦略的なスキルもNPOの運営に欠かせないスキルとみなされ始めています。
企業にスポンサーになってもらう、収益性を備えた社会貢献事業を展開する、といった事を考えると、どうしてもNPOに「マネジメント」という視点や「専門性」が必要となります。

そうした事を踏まえると、やはり今後のNPO支援の在り方としては、「お金」を与えるのではなく、NPOに「スキル」や「ノウハウ」を与える役割が必要かと思われます。
その意味でも、NPOに「プロボノ」を提供する「サービスグラント」のようなスタイルのNPOは、今後の日本の社会貢献を支える重要な役割を担っていると感じます。
関連記事
スポンサーサイト

category: 新しい社会貢献を知る本

thread: 最近読んだ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dokusyoandfxtrade.blog.fc2.com/tb.php/124-46205f09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。