FXと読書で人生を変えよう! ホーム »2014年07月
2014年07月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

リスクオフムードの中だからこそ、逆張り志向!?  

先週は、ポルトガルの銀行の健全性への懸念から、
欧州不安の議論が再燃し、一気にリスクオフムードとなりましたね。

いまはECBによる銀行へのストレステストが行われているので、
これから相次いで銀行の不健全性が発覚する可能性もあります。

2014年予想の記事で書いた内容ですが、もう一度貼り付けておきます↓

また、ユーロ圏は、現在、ECBによる圏内の銀行を一元的に監督するための体制づくりを進めています。そして、その2014年11月の一元化に向けて、圏内の銀行のストレステストが実施されることになっています。
ここにユーロ安に繋がるリスクがあるのですが、ストレステストによって銀行の不健全性が次々と明るみになる可能性があるわけです。銀行がストレステスト対策として貸出資金の圧縮を始める可能性もあります。

欧州の金融システムの一元化に向けた取り組みは、上手くいけばユーロ圏の信用の強化に繋がりますが、逆に副作用として欧州危機不安を呼び覚ます危険もあります。
「欧州統合」というテーマはまだまだ大きな実験段階にあると言え、いまだに市場は「欧州危機」というワードに敏感に反応しています。今後もしばらくは綱渡りのような状況が続くことでしょう。
ユーロの動向を見極めるためにも、「欧州危機」に繋がりそうなニュースに反応できるようアンテナを高くしておきたいものです。



意外と底堅いドル円。逆張り志向の人が多い?


と言いながら、為替相場は意外なほど底堅いなぁと感じています。

ドル円は、101円を割ることなく、心もとない様子ですが、ずっとレンジ内。
けっこう、個人投資家は逆張りの人が多いんじゃないかなと予想しています。

なんと言っても、年初はあれだけドル円ロングが支持されていましたからね。
年末に向けてドル円が上昇する、って信じている人はまだ多いと思います。

さらに、いまはドル円は逆張りがしやすい局面です。
今年の安値が101.75円なので、ストップは101.70円辺りと非常に設定がしやすい。
それを割ったら、急落の可能性大なので、ドテンすれば良い。

かく言う僕も、実はそんな戦略です。かなりギャンブルチックですが。

狙いやすいのは豪ドルの売りかと


いま、もっとも確実なのは、豪ドルの売りじゃないでしょうか。

久々に飛び出したRBAスティーブンス総裁の通貨高けん制発言で、上昇気運がくじかれています。
15日(火)のRBAの議事録公表にも注目ですね。

★参考:「豪ドルは利上げ通貨グループから脱落。今週はユーロクロスの反発を警戒!」


さて、ブラジルの2試合連続完敗でざわついているW杯ですが、明日早朝は、ついに決勝ですね。
メッシは国際大会決勝で過去7戦7得点だそうです。「重圧を自分のパフォーマンスに変えられる」んだとか。
これで決勝点を決めたら、カッコ良すぎでしょ。


こちらもどうぞ↓
FXで損する人の5つの行動パターン-NAVERまとめ

スポンサーサイト

category: 週の戦略

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 3

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。