FXと読書で人生を変えよう! ホーム »2013年11月
2013年11月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

なぜイケイケ相場に乗り遅れてしまうのか  

21,22日と円がすごい勢いで下がりましたね。

けっこう多くの人が、100円手前の辺りから円安ドル高に振れることを予想していたと思うんですが、
自分は先々週から99.5円で入れたドル円ショートを、木曜日の夜まで持ち続けていました・・・。
急上昇を知って-120pipsで損切りドテンして、金曜に+40pips、+20pipsと少し利益を得ました。

結果的に、傷は-60pipsで済んだのですが、
もしロングに乗っかっていたらと考えると、機会費用を含めたダメージは相当なもので、
気持ち的にも「向いていないんじゃないか」と少し落ち込んでしまいました。

頻繁にチェックしているはずの豪ドルのバク下げにも乗っかることができず、
どうもイケイケ相場に上手く乗っかることができない性分のようです・・・。


何が悪かったのかを少し考えてみると、まぁ技術的な課題はあるにしても、
「素直になれない」というのが一番イケなかったんじゃないかと。

専門家の意見なんかを見ていると、今回は8:2くらいの割合で円安ドル高予想が多かったと思います。
素直に言うことを聞いていれば、FXに初めて手を出した人だって稼げます。ホントに。悔しいことに。

僕の友人の例なんですが、FXで初めてポジションを持ったのが今年のはじめ。
彼は80円台でロングポジションを手にして、それを100円まで持ち続け、驚くほどの額を儲けたそうです。
その額の大きさを聞いた僕が目を丸くしていると、友人はさらっとこう言いました。
「だって、みんな上がるって言ってたじゃん」
いや、そうなんだけど・・・わかっちゃいるけど信じ切れないのが人間じゃない。
なんて言うか、資質の違いのようなものを感じました。

ま、友人ほど素直になり切るのは難しいでしょうが、
やはり素直になることは大事なんじゃないかと思いました。
「素直」というのは、専門家の意見や相場の勢いに対してです。

僕の前回の記事とか見てもらえると、反落を期待している素直ではない姿が見てとれます。
テクニカル的に見れば100円50銭の手前で反落するんじゃないか、なんて素人がほざいている一方で、
専門家の方々が103円台まで上昇するだろう、と言ったりしているわけです。

相場で勝つために「自分の考えを持つことが大事」なんていうのが、通用するはずありません。
アマチュアはアマチュアにふさわしい姿勢で相場に臨むべきだと反省しました。
大きな相場の流れが生み出す利益の分け前を少し頂戴するような、そんな謙虚さを忘れないようにします。

スポンサーサイト

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

ドル円調整の始まり?  


ドル円は昨日、今日と陰線が続きそうです。
テクニカルに見れば、9月上旬の高値がサポートとなり、
これから大きめの下り坂が始まってもおかしくないカタチかなと思っています。
ずっとドル円の下落を待っていた身としては、少し期待してしまいます。

ただ、ファンダメンタルを考えると、ドル円を下支えしているのは
イエレンさんへの期待感から異様な盛り上がりを見せている株式。
明日20日には、FOMCの議事録の公表があり、内容いかんによっては、
緩和継続への期待が強まって、株価がもうひと押し伸びる可能性も。。

いまはドル円のショートを持っていますが、100円台が定着しそうになったら撤退します。

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

イエレン・プットへの勝手な期待感  

明日のイエレンさんの公聴会に注目が集まっていますね。
こういう“待ち”の時の市場は、ほんとうに静かです。

見た目は、丸顔で小柄の、人の良さそうなおばちゃんですが、
大統領に次いでナンバー2のポストと言われるFRB議長に指名されるほどの実力者。
夫がノーベル経済学賞受賞者であることも有名です。

サマーズ氏が辞退した時、イエレンさんが“雇用重視のハト派”であるというレッテルだけで市場は動きました。
そして今は、いわゆる“イエレン・プット”なるものへの期待感が株価の上昇を支えているようです。
プットは、対象物の価値が下落すると儲かるプット・オプションのプットだそうです。

バーナンキさんの前の議長であったグリーンスパン議長。
1987年から2006年まで19年もFRB議長を務め続け、
巧みな金融政策を指揮していたことから “金融のマエストロ”と呼ばれていました。
そしてその時代、“グリーンスパン・プット”というのがよく言われていたそうです。
つまり、株価が下落してもグリーンスパンの金融政策により必ず回復する、ということです。

次期議長であるイエレン氏についても、緩和的な政策を取るだろうという推測のもと、
はやくも“イエレン・プット”という言葉がささやかれ始めているとのこと。
しかし、本人はあくまで沈黙を貫いており、現状はまだ“期待感”に過ぎません。

ドル円が100円台に乗せるかどうかも、いまは明日の公聴会次第というところでしょうか。
売りポジションを持っている僕としては、“buy the rumor, sell the fact” を期待したいと思います。

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

USD/JPYの売り  


ニューヨークは緯度が高いため、先週はとても寒い思いをしましたが、
日本もずいぶんと寒くなってきましたね。少しあなどっていました。。

ECB利下げの効果と、好調なダウ、日経平均を受けて、ドル円が上昇してますね。
緩和政策の早期縮小がチラつくようになったのもドル買いを後押ししているようです。

ただ、ドル円の週足をみると、5月下旬の高値と6月上旬の下値を起点とした
三角保ち合いのレジスタントラインに、現在は位置しているところ。(おおまかですが)
レンジを考慮するならば、100円をタッチするかしないかという所で折り返す、という流れがイメージされます。

カギとなるのは、株式かなと思っています。
やや過熱感のあるダウ、日経がくずれ始めると、ドル円も97円後半の
200日移動平均線辺りまでふたたび落ちるのではないかと思っています。

ということで、ドル買いが強い状況なんですが、
100円20銭を損切りラインに設定して、売りを仕掛けてみました。

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

ニューヨークから帰国!  

先週は一週間、ニューヨークに行っておりました。

夕焼けのブルックリン橋や、ギラギラしたタイムズスクエア。
エンパイアステートビルから眺めた夜のマンハッタン。
そして、世界の金融の中心地のウォール街など。けっこう堪能しましたね。


ブルックリン橋

タイムズスクエア

夜のマンハッタン

ウォール街


とても充実した一週間となりました。
なかでもアメリカ人のフレンドリーさが嬉しかったですね。
つたない英語でしたが、困ったときはみな親切に応えてくれました。



そんな中、ユーロ圏の物価下落が気になっていたので、
時差ボケで寝つけない夜中にポチッとユーロドルの売りを注文していました。
そしてECB利下げを受けて、ちゃっかり150pipsほどゲット。ラッキー。

先週はけっこう動いた一週間のようでしたが、FX関係の情報からはほとんど離れていました。
ただ、それでも利益を得ることができたのは単なるラッキーなのか、
それともあまり余計な情報を耳に入れるべきでない、という教示なのか。笑

帰国後は、まだターゲットとすべきペアを見つけられていません。
日本での日常に戻っていく中で、マイペースに探っていきたいと思います。

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

10月のトレード成績は上々  

最近はほとんど負けません。
がっついたトレードをしないようになったからかもしれません。
おかげで、10月の成績はまぁ悪くない感じでした。
儲けた分を出金するようにしたのも奏功しているみたいです。

火曜日(「ドルを買って豪ドルを売る」)に入れたポジションも益が出ています。
昨日は、ドル円ロングをプラス50pipsでいったん手仕舞い。
豪ドル/米ドルのショートも、現在プラス50pipsほどですが、
もうしばらく下がり続けてくれないかなと思って、保有し続けています。

ユーロが急落しましたがノータッチ。
うまくトレンドに乗れなかったので、これが単なる調整なのか、下落の始まりなのか、
おとなしく今後の行方を注視していきたいと思います。


一日遅れの話題ですが、日米の中央銀行は大方の予想通り、
どちらも現状の緩和維持を決めましたね。意味合いは異なりますが。

今や世界中で金融緩和がブームが訪れています。
いちばん早く抜け出すとみられているアメリカでも、
着地点を見出す作業がだんだんと難しくなっているように思えます。

金融緩和と雇用拡大と物価安定。
素人目線ですが、そのバランスを取るのは難しいだろうなと思います。
理論だけで解決できたら、誰だって上手くやってるって話であって。
イエレン氏はどうやって着地させるんでしょうね。

category: トレード日記

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。