FXと読書で人生を変えよう! ホーム »映画
カテゴリー「映画」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【映画】みなさん、さようなら/中村義洋監督  


みなさん、さようなら [DVD]みなさん、さようなら [DVD]
(2013/06/05)
濱田 岳、倉科カナ 他

商品詳細を見る


外事警察とは両極端な作品ですが、こちらもオススメな一本。
タイトルだけ見ると、鬱っぽい映画を想像するかもしれないですが、中身は全く違います。

団地で一生住み続けるときめた少年の生き様を描いた青春コメディ映画です。
「みなさん、さようなら」とは、小学校のクラスで下校前に皆で発する挨拶を指しています。
中村監督のほの温かい作風(『ポテチ』のような)が好きで、本作にも手を出してみました。


本作品の見所は、主人公のひたむきさと恋愛。青春を感じられます。
あと、12歳から30歳までを違和感なく演じ切った濱田岳も素晴らしいです。

もどかしくて、ドキドキして、ちょっとエッチで、ほろ苦くて。
そんな青春がまさかまさか団地に全て詰まっているとは。
社会人生活に揉まれて純度100%の青春を忘れてしまった人には、ぜひオススメです。


内容の紹介をしますと、テーマの一つは団地の変遷。
今は団地と言えば古い住宅街のイメージですが、先進的でヨーロッパ風と捉えられていた時代もあったのです。
それを示す1980年代のテレビ映像(本物?)が導入部分として採用されています。

しかしやはり、団地は都市への人口流出や少子高齢化など、次第に廃れていきます。
本作においても、途中、外国人や高齢者の呼び込みなどの策が打たれるのですが、時代の流れに逆らえず、商店街はシャッター通りと化し、次々と団地は取り壊されてしまいます。


そして、もう一つのテーマが団地に縛られた生き方。
主演の濱田岳は、団地の中で生きていくと言い続け、団地の外には一歩も踏み出さないという変わり者です。
そのため、団地の外にある中学校も通わずじまいで、勿論、就職先も団地の中。
その代わり、「団地を守る」という意気込みのもと、毎日筋トレとパトロールを欠かしません。

しかし、時が流れるにつれ同級生はどんどん団地から引っ越していき、上述のとおり団地自体も廃れていきます。
その中で、主人公は団地から出る事ができるのか否かというのが、焦点の一つとなっていきます。

団地から出られないと言うのは、一種のアナロジー(類比)と捉える事もできます。
誰しも、幼い頃から形作ってきた、自分だけの“心の活動範囲”があると思います。
良くも悪くもそこから外に踏み出して考え、行動する事ができない。

それは作品内で主人公が言うように“自分で決めた事だから”という貫徹の表れでもあります。
が、しかし主人公はそこから一歩踏み出そうとすると身体が拒否反応を起こしてしまいます。
まるでしつけられた犬のように、いつの間にか本能的なレベルで自分を”活動範囲”に縛りつけてしまっているのです。そして、たいていはその”活動範囲”のチカラを軽んじてしまいます。
踏み出そうと思えば自分にも踏み出せる、と強がって見せたりするのですが、そのフィールドを囲う策は想像以上に強固だったりします。

自分にとっての「団地」は何だろう。
そんなことを思いながら本作品を鑑賞すると、主人公の思いが一気に身近なものに感じられることと思います。

スポンサーサイト

category: 映画

thread: 邦画

janre: 映画

tb: 0   cm: 0

【映画】外事警察 その男に騙されるな/堀切園健太郎監督  


外事警察 その男に騙されるな [DVD]外事警察 その男に騙されるな [DVD]
(2012/11/21)
渡部篤郎、キム・ガンウ 他

商品詳細を見る


この2日で映画を久し振りに2本観ました。
非常に良かった事もあり、せっかくなので映画レビューにも挑戦してみます。

本作は、渡部篤郎主演で、公安警察のスパイを描いた映画。
原作は麻生幾、脚本は古沢良太(ドラマ『リーガル・ハイ』は最高でした!)。
NHKドラマの映画版で、ドラマ、映画の評価はいずれも非常に高いようです。
ドラマは未見ですが、独立して観る事ができる作品のようなので、レンタルして鑑賞してみました。

朝鮮半島からウランが流出―。
そんな物騒な話から始まり、震災後の混乱に乗じて日本の大学から原子力関連のデータが何者かに盗まれた、という話が飛び込んできます。
そこで日本の諜報機関である外事警察が動き始め、目星をつけた工作員と思しき男の日本人妻を半ば強制的な交渉で仲間に引き込みます。
利用できるものは何でも利用する。主人公にはそんな姿勢が一貫してみられます。
思わず息を呑むようなスリリングな展開が続く中、事件の核心に近づくにつれ、韓国の諜報機関やテロリスト工作員、そして原子力研究者の各々の立場の思惑が明らかになっていく、という話です。

最初から最後まで、緊張の連続で、濃密な2時間を堪能する事ができました。
画面の演出や俳優の演技の醸し出す重厚な雰囲気がとても良い。
そしてやはり、脚本がとても優れています。
下敷きは原作ですが、映画化にあたって色々と内容に手を加えたようで、震災や朝鮮、原子力と言ったやや過激とも言えるテーマを盛り込みながら、圧倒的な完成度を見せつけてくれます。
取材や調査も綿密に行われており、誰にも文句を言わせない最強の仕上がりとなっています。
さりげない最後のオチも秀逸で、誰もがハッとさせられるに違いありません。

最高級のポリティカル・サスペンス映画として、絶対の自信を持ってオススメできる作品です。

category: 映画

thread: 邦画

janre: 映画

tb: 0   cm: 0

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。