FXと読書で人生を変えよう! ホーム »貿易収支と経常収支
カテゴリー「貿易収支と経常収支」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

経常赤字転落後の最悪のシナリオを防ぐには、どうすべきか?  

経常赤字への転落が危惧される日本。そもそも経常赤字で何が悪い?の続きです。

経常赤字に転落したからと言って、すぐさま最悪なシナリオへ、
ということはないと思いますが、何らかの対応策を取る必要はあります。

貿易赤字を解消する、という視点で考えるべきではない


まず、貿易収支に関しては、これは、赤字は止まらないという前提で考えるべきです。
円安になっても輸出が増えないのは、日本企業の海外生産が進んでいるためで、
日本は構造的に貿易赤字国になったと考えなくてはなりません。

原因に対して改善を試みるのも大事ですが、それ以上に重要なのは、
現状を受け入れて、その上でどう対応していくべきか、ということだと思います。

たとえば、人口減少問題に対して、出生率を上げるというアプローチも大事ですが、
減少することを前提に、その上でどう対策を組み立てるか、という発想が重要です。

ということで、貿易赤字を解消するのではなく、
貿易赤字でも“問題がない状態”にするにはどうしたら良いか、と考えてみます。

問題の根本にあるのは、財政危機の潜在的なリスク。
そのために、消費税増税、歳出削減などで財政の健全化を進めるのは、当然です。
ただ、これは急激に改善できるものではないので、別のアプローチを用意する必要があります。

貿易収支以外の点から、経常収支の黒字を支えていく


そうなると、貿易収支以外の方法で、経常収支の黒字を支えるほかないと思います。

注目すべきは、貿易赤字を補っている「所得収支」。
これを高めるには、簡単に考えれば、国内の投資機関が海外資産への投資を増やせばいいわけです。

そう考えると、たとえば、日本が有する世界最大の年金基金、GPIFなんかは、
政府の支持率上昇のために国内の株式の保有比率を高めるよりも、
海外の株式の保有比率を高めたほうが日本のためになるんじゃないかと思ったりします。

あとは、企業の海外でのM&Aを後押しする、というのも所得収支のプラスに繋がります。
その点で言えば、ソフトバンクやサントリーなどの大型買収が続いており、
グローバルな視野を持った企業が増えている、という気運は好ましいことだと言えます。


また、所得収支以外にも、「サービス収支」の改善をはかっていくのも有効です。
サービス収支の内訳としては、旅行や輸送、特許等使用料などがあります。

旅行収支の改善については、いわずもがな観光戦略が重要となります。
“英語が通じない国”というのを東京五輪までに何とかしてほしいなと思います。

特許等使用料の収入については、年々上昇してきている分野ですが、
知的財産は、著作権問題なんかを見ても、まだまだ日本の遅れている分野です。
TPPの交渉項目の1つにもなっていますが、
知的財産を日本の有力な輸出産業と捉えて、積極的に後押ししていくべきです。


とまぁ、各論に及んでしまいましたが、言いたいことは単純です。

まず、モノを輸出して貿易黒字を追い求めるという考えは、時代錯誤だと認識すること。
そのうえで、戦略的に経済構造の転換をはかっていくこと。
そうでなければ、沈みゆく日本からの脱出を考えなければならないだろうと思います。

だいぶ長い文章になってしまいましたが、ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーサイト

category: 貿易収支と経常収支

thread: 経済

janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

経常赤字への転落が危惧される日本。そもそも経常赤字で何が悪い?  

ひと昔前の日本は、モノの輸出で貿易黒字を稼いでいましたが、
年度単位でみると、東日本大震災のあった2011年から貿易赤字に転落し、
その後は毎年、過去最大の赤字額を更新し、2013年は、約13兆7千億円の赤字でした。

しかし一方で、所得収支の黒字によって、経常収支ベースでみると黒字の状況です。
ただし、経常収支も2014年度からは赤字に転落するだろうと危惧されています。

では、経常赤字になると何が悪いのか。

お金の国家間のやり取りは、トータルで見ればゼロサムなので、
どこかの国の経常黒字はどこかの国の経常赤字になるはず。
そう考えると、経常赤字の国なんて珍しくないはずです。

実際、世界の各国の経常収支を見てみると、
EUという経済共同体の恩恵を最も受けているドイツが、世界トップの経常黒字国ですが、
他の先進国をみると、フランス、イギリスなどは経常赤字で、
世界最大の経常赤字国は、世界最大の内需国であるアメリカです。

一般に、輸出に頼らない成熟した国は、経常赤字になりやすいと言われています。
となると、ますます経常赤字は悪いことではないように思えます。

海外投資家に日本の借金を背負ってもらうというリスク


日本の経常赤字が懸念されるのは、
ひとえに“財政危機のリスクが顕在化する恐れ”があるためです。

日本の巨額な国債の発行残高は説明するまでもないですが、
この状況でも今のところパニックに陥っていないのは、
これらの国債の大部分を、日本国内の企業や家計でやりくりしているためです。

誤解を恐れずに単純に言えば、
“自分たちで自分たちの借金を背負っているのだから、
日本が危機的な状況に陥っても、自分たちの通貨を守るために国債を手放さないだろう“
という考えが、日本の国債の安全神話につながっています。

しかし、これが経常赤字になると、この神話の信頼性が崩れてしまいます。

経常収支が赤字ということは、受け取るお金より、支払うお金の方が上回ることになるので、
海外からお金を借りるような状況になってしまうためです。
つまり、日本の国債を海外投資家に背負ってもらう必要があるために、
“自分たちの財政を自分たちで守る”ことができなくなってしまいます。

海外の人々は、自国の国債ではないので、リスクに対してシビアです。
そのためリスクの分だけ利子を上乗せしなくてはならないし、
日本の財政がヤバイということになれば、国債が売り浴びせられることもあり得ます。
そうなると、一気に日本は財政破綻への道を突き進むことになる、と懸念されています。

では、今後どうしていくべきか。
それについては、次の記事で考えみたので、よろしければご覧ください。
経常赤字転落後の最悪のシナリオを防ぐには、どうすべきか?

category: 貿易収支と経常収支

thread: 経済

janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

為替の観点からは、拡大する貿易赤字と、縮小する経常黒字のどちらに注目すれば良いのか?  

12日(月)の朝は、2013年3月の日本の貿易収支、経常収支の発表があります。

事前予測によると、駆け込み需要による輸入増によって、貿易収支は赤字拡大。
ただ、企業の決算期という季節性から所得収支が増加するため、
経常収支でみると黒字になると予想されています。

経済のシロートなのに恐縮ですが、
これらの為替・経済に与える影響について真面目に解説してみたいと思います。

けっこう長くなってしまったので、為替に与える影響、経済に与える影響、
そして今後どうすべきかという、3つの記事に分けています。

為替の観点からは、貿易赤字と経常黒字のどちらに注目すれば良いのか?


そもそも経常収支についてですが、海外とのお金のやり取りを集計したものであり、
↓のような計算式になります。

経常収支 = 貿易収支 + サービス収支 + 所得収支 + 経常移転収支



この中で注目すべき大きな柱は、「貿易収支」と「所得収支」の2つ。

貿易収支の赤字が拡大することは、円安要因になります。
輸出より輸入の方が多いことになりますので、
たとえば、国内の輸入業者が、決済のために円をドルに換える、
海外の輸出業者が、受け取った円をドルに換える、という動きが円安に繋がります。

ただ、貿易関係の企業は、実際の輸出入を行った月に為替の決済を行うとは限らないので、
月ごとの貿易収支が直接、為替に影響を与えるということではありません。
ただ、この傾向は長期で見れば、確実に円安要因になります。

一方、貿易収支はすべからく為替の取引に繋がりますが、所得収支は単純ではありません。
所得収支は、債券の金利、株式の配当金、直接投資からの配当のやりとりを集計したもの。

所得収支のなかには、たとえば、ドルで受け取った利子を円に変えずにそのままドルに再投資する、
というパターンがあり、そうした場合に為替の取引が生じないためです。

そのため、経常黒字だからといって単純に円高要因とはならない、ということになります。
逆に言えば、経常黒字が縮小していることが円安要因に直結するわけではない、ということです。
そういう意味では、経常収支より貿易収支の方が、為替への影響を捉えやすいという話になります。

経常収支については、2014年度には赤字に転落するのではないかと危惧されています。
経常赤字になると、経済にどんな影響を与えるのか。
これについては、次の記事へ → 経常赤字への転落が危惧される日本。そもそも経常赤字で何が悪い?  

category: 貿易収支と経常収支

thread: FX(外国為替証拠金取引)

janre: 株式・投資・マネー

tb: 0   cm: 0

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。