FXと読書で人生を変えよう! ホーム »読書メーター
カテゴリー「読書メーター」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

読書メーターの社会貢献に貢献したい! 5月の読書メーターまとめ  

5月の読書メーターまとめ。

今月は10冊になってますが、
『沈まぬ太陽』(書評記事へのリンク)の5冊分がまとめて1冊分にカウントされているので、
ちょっと損した気分です。 ←小さいな

読書メーターでは、今月から1レビューにつき、1円を寄付するそうです。
寄付先は、あの「マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった」(書評記事へのリンク)で有名なルーム・トゥ・リード。

こういう手法での社会貢献って、最近増えてますよね。大歓迎です。
今月はがんばって、たくさん読書しようかな。


2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3000ページ
ナイス数:21ナイス

考え・書き・話す3つの魔法考え・書き・話す3つの魔法感想
「ホップ・ステップ・ジャンプ」「赤・緑・黄色」「YAH YAH YAH」では、同じ「3つ」でも意味合いは全く異なる。それでも、さまざまな場面において「3つ」のリズムや論理構造が心地良いのは、「黄金比」や「1/fのゆらぎ」などと同じように、人間の脳に本能的にマッチするものがあるのだろうと感じる。コンサルタントの人の本だけに、さすが説得力がある。企画書やプレゼン等々にて、早速活用していきたい。
読了日:5月31日 著者:野口吉昭

ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営感想
初ドラッカーだが、想像以上に中身の濃い内容で、本当に大事なことばかりが書かれている。対象は、病院や学校などが中心で、一般に日本で想定されるNPOとは指し示す範囲が異なるが、それでも本書はNPOを経営するすべての人々にとっての必読書ではないか。リーダーシップやマーケティングなど、本当に多くのことを学ぶことのできる良著。
読了日:5月30日 著者:P.F.ドラッカー

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下感想
これほど恐ろしい事件とは。ミステリー、サスペンスとしての出来は申し分なく、ミカエルのジャーナリズム魂や、リスベットの切ない生き方もとても胸を打つ。本当に読ませる小説。すぐにでも第二部を読み始めたい。
読了日:5月30日 著者:スティーグ・ラーソン

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上感想
映画は未見で、まったく結末を知らないが、とても続きが気になる。まだまだ主人公のミカエルとリスベットが邂逅していないので、話は本当に序章部分に過ぎないのだろうと思う。でもハッキリ言えるのは、まず間違いなく三部作を全部読むことになるだろう、ということ。
読了日:5月22日 著者:スティーグ・ラーソン

市民コミュニティ・ビジネスの現場―建て替えない団地再生のマネジメント市民コミュニティ・ビジネスの現場―建て替えない団地再生のマネジメント感想
執筆者らの精力的な活動が、たしかに地元の活力創造に貢献していることが伝わってくる。互いに支え合うコミュニティのあり方は今後いっそう重視されるだろうし、こうしたモデル的な優良事例が各地で盛んになれば良いと思う。ただ、根本にある理論や考え方は、どうもちぐはぐな感じで、違和感を覚えた。今の時代、エリア経済の「自立」とは、コミュニティを鎖国化することなのではなく、外部との競争に負けないオリジナリティや強みを持つことを指すのではないか。
読了日:5月21日 著者:服部岑生,陶守奈津子,東秋沙,金森敬明,鈴木雅之

コミュニティを問いなおす―つながり・都市・日本社会の未来 (ちくま新書)コミュニティを問いなおす―つながり・都市・日本社会の未来 (ちくま新書)感想
各論を丹念に読み込んでも興味深いテーマばかりであるし、俯瞰的に見ても一本の論理が通っていて面白い。学生時代に戻って、真面目に勉強しなおしたいなぁと思った。インターネットや交通・物流の発達によって"場所"という概念が薄れつつある中で、“コミュニティ”を中心概念に置いて“場所・空間”の重要性を強調する本書の意義は貴重。ただ、アメリカ型ではなくヨーロッパ型の福祉社会を目指すべきだとするのは、あくまで著者個人の肌感覚に依拠するものではないだろうか。
読了日:5月17日 著者:広井良典

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)感想
圧倒的な知性を感じさせる文章。外交官、政治家、検察の世界がよく分かる。本書の後半、供述調書作成のための佐藤氏と検察官との駆け引きがとても面白かった。組織対個人という枠を超え、極めて高度な知能戦を演じていて、非常に読み応えがある。川上弘美さんの解説もとても良い。
読了日:5月11日 著者:佐藤優

死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)感想
"しなやかな物語のセンスと、硬派と呼んでもいいようなすがすがしい倫理観や知性が見事に溶け合っている"、この解説の文章が、伊坂作品の魅力をとても良く表現していると思う。「「死」を実行するのに適しているかどうかを判断し、報告をする」のが死神の仕事というが、「死」を実行するのに適している、とはどのような状態を指すのか。それが最大の謎だろう。
読了日:5月7日 著者:伊坂幸太郎

沈まぬ太陽 文庫 全5巻 完結セット (新潮文庫)沈まぬ太陽 文庫 全5巻 完結セット (新潮文庫)感想
長編大作だけに、すべて読むにはかなりの時間がかかったが、主人公・恩地の実直さと強い正義心に心を打たれた。御巣鷹山事故の記述は非常に詳細で克明なため、事故の悲惨さを思うと、読むだけでつらくなる。読了後は、性根を入れ替えさせられた気持ちになった。脚色した部分も多分にあるはずだが、事実と創作とを見分けることは難しく、物語のほとんどがノンフィクションに見えてしまうのが難点か。
読了日:5月6日 著者:山崎豊子

蜜月 (新潮文庫)蜜月 (新潮文庫)感想
結局、女性はこういう女たらしに惹かれていくんだよなぁ、なんて妬ましく思いながら読んだ。ミステリーの要素もあって、どんどん読み進めてしまう。官能的で嫌味がなく、しかも非常に技巧的。『恋』のように、小池さんの紡ぐ小説は、とても美しいと思う。
読了日:5月4日 著者:小池真理子

読書メーター

スポンサーサイト

category: 読書メーター

tb: 0   cm: 0

GWは読書しよう! 4月読書メーターまとめと読みたい本リスト  

4月の読書メーターのまとめです。
5冊しか読めませんでしたが、読みかけの本もけっこうあるので、
このGWで読書量は4月分を超えそうです。

GWは張り切って読書しますよ!

4月読書メーターまとめ


2014年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1732ページ
ナイス数:18ナイス

私たちにとって本当に必要な「小さな政府」とはどんなものか?私たちにとって本当に必要な「小さな政府」とはどんなものか?感想
社会保障費が増大の一途をたどるなか、官から民へと権限を委譲し、小さな政府を目指していくのは避けられないと思う。こういう時代だから読んでおく価値のある本。具体的な事例や数字、興味深い提言などが記されており、説明もわかりやすい。

読了日:4月29日 著者:跡田直澄

日本の論点日本の論点感想
これは読んでおいた方がいい本! 幅広い分野のトピックを取り上げており、それぞれにおける大前流の着眼点が紹介されている。時代の流れを掴む大局観を磨くのに、よい思考トレーニングになると思う。いわば「大前研一版Newspicks」とでも言うべきか。
読了日:4月28日 著者:大前研一

督促OL 修行日記督促OL 修行日記感想
まぁ、ほんとうに過酷な労働状況が、ひしひしと伝わってくる。けれども、そうした職場の中で、踏ん張って自分なりの生き抜く術を身につけたからこそ、こうして本を出版するに至ることができている。劣悪な環境で耐え抜き、自分なりの生き方を見出していく人々の姿を見ると、「もっと自分も頑張れるはず」という気持ちになる。
読了日:4月19日 著者:榎本まみ

鴉よ闇へ翔べ (小学館文庫)鴉よ闇へ翔べ (小学館文庫)感想
海外小説は冗長な文章が苦手だが、文章のペースに自分の読み方を合わせるのに慣れてくると、俄然面白くなる。このフォレットの作品も、200ページを過ぎたあたりから、この物語の核がようやく掴めてきた。歴史的事実の間隙を縫って、リアリティのあるフィクションを埋め込むという離れ業をやってのける作家は、本当に天才だと思う。戦争小説に取っつきにくさを感じている人でも楽しめる、万人受けしそうなスリル満点のスパイ小説。
読了日:4月12日 著者:ケン・フォレット

思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)感想
アイデアを寝かせて、発酵させる。思考なんていう形のないものを理系用語になぞらえて、その整理の方法についてエッセイ風に記した名著。1986年に発売された本だけれども、今の時代にぜひ読むべき本だと思う。無限大の情報が溢れる中、“知のエディターシップ”こそがオリジナルの価値を生み出すとされる時代。思考をメモ化して整理する技術も随分と発達した。まるでEvernoteの効果的な使い方に関する説明書のような本である。
読了日:4月6日 著者:外山滋比古

読書メーター


読みたい本リスト


読みたいなと思っている本のリストもついでに挙げておきます↓

沈まぬ太陽 文庫 全5巻 完結セット (新潮文庫)沈まぬ太陽 文庫 全5巻 完結セット (新潮文庫)
(2002/01/01)
山崎 豊子

商品詳細を見る
 全5巻ですが、いま4巻まできています。圧巻の筆致力に心が揺さぶられます。

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
(2007/10/30)
佐藤 優

商品詳細を見る
 読みかけ。“知の巨人”佐藤優氏の逮捕された「鈴木宗男事件」。
 その事件を中心に、佐藤氏のいうところのインテリジェンスの世界が描かれています。

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
(2008/12/11)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る
 知人に「徹夜必至」と勧められた本。GWで読んでみたいですね。

ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営
(2007/01/27)
P.F.ドラッカー

商品詳細を見る
 経営の観点からNPOを見つめたドラッカー。
 ソーシャルビジネスは関心のあるところなので、読んでみたいです。

訣別―大前研一の新・国家戦略論訣別―大前研一の新・国家戦略論
(2011/11/04)
大前研一

商品詳細を見る
 『日本の論点』が良かったので。大前研一氏の国家戦略論をもっと覗きたくなりました。
 参考:いわば「大前研一版NewsPicks」/『日本の論点』大前研一著

category: 読書メーター

thread: ブックレビュー

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

トレードは置いておいて、3月の読書メーターまとめでも。  

今日はエイプリルフールですね。
嘘だろ?って思ったのは、朝起きたら目覚まし時計の時間が狂っていたこと。笑
新年度の初日から、かなり焦りました・・・

今週はまだトレードしていませんが、ドル円は少し上向いているようですね。
次の焦点は、3月上旬の高値103.83円を超えられるか、といったところでしょうか。
それを超えてきたら105円も見えてきますね。

今週は、ほとんど為替関係のニュースに触れていないのですが、
たった2日だけで、情報弱者になってしまったような気分です。
短期的な情報に捉われてしまっている証拠でしょうか。
仕事の忙しさの中でもブレない相場観を身につけたいものです。

3月の読書メーターまとめ


ということで、トレードの話は置いておいて、
3月の読書メーターのまとめでも貼り付けておきます↓

2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3237ページ
ナイス数:25ナイス

「30代で年収3000万」の人は、いつも何を話しているのか?「30代で年収3000万」の人は、いつも何を話しているのか?感想
成功している人は、処世術に長けている。本書では、成功者の会話のテクニックをいくつも紹介してくれる。畢竟、コミュニケーションはケースバイケースだが、本書で解説されるようなエッセンスを意識して臨むだけでも、日々の生活は大きく違ってくるだろう。さくさく読めてしまうライトな本だが、我が身を振り返るちょっとした自己点検にオススメ。明日から使えそうなテクも充実。
読了日:3月30日 著者:午堂登紀雄
幸福な生活 (祥伝社文庫)幸福な生活 (祥伝社文庫)感想
19の短篇が綴られているが、玉石混淆。構成、アイデアがもっとも秀逸だと感じたのは最初の話。オチが容易に想像つく話や、そうでなければ突飛でシラけてしまうような話も多い。ただ、どれも読みやすいので、暇つぶし用にカバンに忍ばせておくのに丁度良い本だと思う。
読了日:3月24日 著者:百田尚樹
イラストでわかる委託・請負で働く人のトラブル対処法イラストでわかる委託・請負で働く人のトラブル対処法感想
委託契約の勉強になるからと、上司に勧められて読んだ本。自分はサラリーマンだが、委託で働く人には「自由に仕事ができる」「自分の経験・知識を活かせる」というイメージがあって、ちょっとした憧れがあった。だが、本書を読んで委託で働く人々の厳しい実態を知ることができた。色んな立場の人が知っておいて損はない内容。
読了日:3月22日 著者:古山修,北健一
そして、星の輝く夜がくるそして、星の輝く夜がくる感想
東日本大震災の被災地の小学校を舞台にした物語。子どもたちがやけに大人びているのには違和感を覚えるが、いつもながら真山さんは鋭い視点から「現実」を切り抜いている。真山さんの素晴らしい点は、立場の異なる人々の想いを切り取って、そのどちらも否定しないところ。舞台は全て同じだが、一話完結型の短編集。特に「さくら」が素晴らしい。
読了日:3月22日 著者:真山仁
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)感想
昔読んだ本を引っ張り出して再読。山本ケイイチさんは、非常に説得力のある文章を書く。これを読んだおかけでジム通いを始められたし、それを続けることができている。感謝!
読了日:3月21日 著者:山本ケイイチ
ハゲタカ(下) (講談社文庫)ハゲタカ(下) (講談社文庫)感想
再読。後半はサスペンス調になっており、鷲津の出自が最大の”謎”となっている。本作では、振り返れば”日本版リーマンショック”とも呼べる、約15年前の国内銀行の倒産劇の裏側を知った気になることができる。ハゲタカシリーズの中では、最も”らしくない”鷲津の姿を見ることができるのもポイント。鷲津にハマった僕は、これを読んで本書の舞台である日光東照宮に行って、「逆柱」もばっちり確認してきました。
読了日:3月15日 著者:真山仁
1週間でマスターする金融・為替の集中講義1週間でマスターする金融・為替の集中講義感想
為替の入門レベルから一歩踏み出すための本。FXにおける即効性を求める人には向いていないが、周辺知識も含めて貪欲に為替の知識を充実させたい人にオススメ。発売は2013年2月と少し前だが、内容は普遍的なので安心して読める。ただ、日銀の説明に関しては、異次元緩和の実施前であることに注意が必要。
読了日:3月9日 著者:小口幸伸
日本はこうしてオリンピックを勝ち取った!  世界を動かすプレゼン力日本はこうしてオリンピックを勝ち取った! 世界を動かすプレゼン力感想
東京の売りは何か、と問われてズバッと答えられる日本人は少ないと思う。本書でも「一言で表せるようなセールスポイントがない」と書かれている。世界的に有名なランドマークがなく、全体としてのイメージがつかみにくい。そして、勤勉だがちょっと退屈な日本人。そんな中、どのような戦略を描いてプレゼンに臨んだのか。世界最大のセールス・プレゼンを勝ち抜いた世界最高のプレゼンを当事者が解説するという、これ以上ない優れたプレゼンのサンプルを学ぶことができる。
読了日:3月8日 著者:ニック・バーリー
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法感想
著者の不断の努力は本当に尊敬する。本書はいわば、著者の努力の物語が詰まった本。ライフハック系としても、一人の努力家の記録としても、何らかの刺激が得られるハズ。5年以上も前の本なのでIT系の情報は新しくはないが、基本的な考え方は、いまも何一つ変わらない。見習いたい部分が多い。努力するには体力も必要。運動しなきゃ!
読了日:3月7日 著者:勝間和代
ハゲタカ(上) (講談社文庫)ハゲタカ(上) (講談社文庫)感想
グリードまで一通り読んだ後の、ハゲタカシリーズ二巡目。改めて一から読み返してみると、サムがけっこう饒舌だったり、微妙なキャラの変化が面白い。一作目とあって、さすがに丁寧に練り込まれており、話の密度が高い。ストーリーのテンポも良く、真山さんの他の作品に比べて、ドラマ向きな内容であったなぁと感じる。純粋無垢なアランも懐かしい!
読了日:3月5日 著者:真山仁
金持ち脳と貧乏脳金持ち脳と貧乏脳感想
「金持ちの頭の中を脳科学的に解明した」という類の本ではなく、あくまで著者の感想を主としたエッセイ的な内容の本。どこかで読んだことのあるような話ばかりで、あまり内容に新鮮味がないけど、ポツポツと為になる話が含まれている。脳内に「確実性」が増えるほど「不確実性」にチャレンジできるという「ポルトフォリオ」の話なんかは、けっこう奥の深い内容。貯金だけでなく、ネットワークやスキル、経験などの「資産=確実性」を着実に増やしていく努力こそが成功への道なのだと思った。
読了日:3月2日 著者:茂木健一郎

読書メーター


読書メーターを使い始めてから、ちょうど一ヶ月。
読書メモとしてとても使い勝手が良いので、気に入っています。
やっぱり、こういう管理アプリがあると、読書しなきゃ!って思います。

中身の薄い本ばかり読んでいても恥ずかしいので、
もっと手応えのある本にも挑戦していきたいです。

category: 読書メーター

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

読書メーターはじめました  

おすすめサービスの紹介です。

今日、ブログのテンプレの変更とともに、「読書メーター」のブログパーツも設置してみました。
右側のカテゴリの下にある「最近読んだ本」って書いてあるやつです。
(クリックすると、読書メーターの僕のプロフィールページに飛びます)
先週から読書メーターを始めてみたので、ブログと連携させてみました。

読書メーターとは


読書メーターは、読書に関するライフログ(生活のデータの記録)のSNSサービスです。
一応、サイトの説明ページへのリンクを貼っておきます(こちら)。

読んだ本や、本の感想を記録しながら、相性の合う人々などとコミュニケーションができます。
読書量はグラフ化してくれるので、なかなかの達成感があります。
同じ本を読んだ人を自動的に探し出してくれるサービスも、グッドです。

僕は先週はじめたばかりですが、けっこう使い勝手の良いサービスです。
サービスの利用者が多いので、本の感想を書くとすぐに誰かの反応がもらえて、記録のしがいがあります。
読書習慣を身につけたい人には特にオススメです。

僕はやっていませんが、Facebook、Twitter、Google+などと連携させることもできます。

ライフログ系のSNSのメリット


ブログもライフログの一種ですが、近年は、ライフログとSNSとの合体、連携が進んでおり、
読書だけでなく、けっこうあらゆる分野で共有しやすい環境が整っていますよね。

例えば、健康管理のSNSサービスなんてものもあるそうです。
どんな食事をとって、どれだけ運動したかをSNS上で管理できるみたいです。
参考:健康エンターテイメント『みらいく』

SNS上でライフログを管理することのメリットは、やはり“見られている”という意識ですよね。
これがあるために、怠慢を防ぐことができるし、効率的なインプットを心がけることができます。
他人の目に触れる状態にするというのは、モチベーションの維持という点からも、有効だと思います。

このブログを読んで頂きましたら、ぜひ私の読書メーターの状況も監視して頂けると嬉しいです。
さらに、何かしら反応を頂けると、もっと嬉しく思います。

category: 読書メーター

thread: もっとイイ暮らし

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。