FXと読書で人生を変えよう! ホーム »新しい社会貢献を知る本
カテゴリー「新しい社会貢献を知る本」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ソーシャルファイナンス革命 世界を変えるお金の集め方/慎泰俊  


ソーシャルファイナンス革命 ~世界を変えるお金の集め方 (生きる技術! 叢書)ソーシャルファイナンス革命 ~世界を変えるお金の集め方 (生きる技術! 叢書)
(2012/06/30)
慎 泰俊

商品詳細を見る


お金を必要としている人々に、お金を貸したり、寄付をしたりしたことがありますか。
困っている友人であったり、貧しい人々であったり、被災者の方々やその支援をしている団体など、
誰でも1度くらいは思い当たる経験があるのではないかと思います。
その経験には、良い経験もあれば、トラブルになってしまったという悪い経験もあるかもしれません。
本書が解説しているのは、世界中に「良い経験」を増やすための新しい金融の仕組みです。

ソーシャルファイナンスとは、本書の言葉を借りると
「人間関係を何らかのカタチで利用しているファイナンス」のことです。
ファイナンスとは、「お金を必要としている人々に、お金を出したい人がお金を融通すること」。
ソーシャルファイナンスの場合、お金を融通してもらう立場の人々は、
社会的課題の解決に取り組むNPO法人であったり、途上国で自立を目指す貧しい個人事業主だったりします。
いわゆるフィランソロピーと呼ばれる分野の社会貢献活動に当てはまる概念です。



さて、では「人間関係を何らかのカタチで利用している」とはどういうことか。
これはお金の出し手と受け手の関係に注目した捉え方なのですが、本書では「コミュニティ」を利用したファイナンスと、「クラウド」を利用したファイナンスとに分類して説明をしています。
そして前者については「ムラ社会的な共同体」の残る途上国、後者が「SNSのような関係」の発達した先進国において効果的に機能する、としています。

<コミュニティファイナンス>
「コミュニティファイナンス」とは、グループの力学を利用した金融のことで、
主に途上国の貧困層を対象とした金融サービスが代表例として挙げられます。
有名なのが、民間企業として初めてノーベル平和賞を受賞した「グラミン銀行」です。
バングラデシュの起業家であるユヌス氏が立ち上げた「グラミン銀行」は、竹細工などを作って働く地元の女性たちの自立を支援するため、彼女らに小口の融資を行っています。融資は無担保で低金利。

本来なら信用力の低い借り手ばかりを対象としていますが、返済率はなんと98%。
その理由は、①借り手を対象としたビジネス教育が定期的に行われていること、②「返せなかったら、自分が住んでいるムラやコミュニティに対して面目が立たなくなる」という意識があること、などが挙げられます。
だからこそ、著者は「ムラ社会的な共同体」が残る途上国でこそ機能しやすいファイナンスであるとしています。

<クラウドファンディング>
本書では、「クラウドファンディング」を「P2Pファイナンス」という名前で説明しています。
「P2P」とは「Peer to Peer」の略で、つまり「個人から個人への金融」という意味です。
主にウェブを通して不特定多数の個人から資金を調達する金融手法のことを指します。
代表的なのが、日本でも広まりつつある、「Just Giving」などのオンライン寄付サイトです。
「Just Giving」では、ノーベル賞を受賞した山中教授がチャリティマラソンを行って注目を集めました。

クラウドファンディングについては、「一つ一つの人間関係は浅いが、その関係を有する人数が多いコミュニティ、たとえば先進国におけるSNSのような関係で成立するコミュニティ」において効果的に機能するファイナンス手法である、と著者は説明しています。

本書では、これらのような新しい金融の仕組みについて、「資本コスト」や「リスク」、「情報取得の対価」などのファイナンス理論の観点からわかりやすく説明をしてくれています。
著者は日本初の「マイクロファイナンス」(「コミュニティファイナンス」の1種)を行うNPOを設立して、カンボジアやベトナムなどで貧困層への融資を行っている活動家ですので、説得力があります。



現在、社会貢献活動に関するファイナンスの手法とその市場は、世界的に急速に成長している段階です。
例えば、アメリカのオンライン寄付市場に集まる寄付総額は、年間約1兆2600億円(2010年)。
主に米英が中心となって世界的に波及している途中であり、日本でも、先述した「Just Giving」をはじめとしたいくつかのオンライン寄付サイトが発達しつつある段階です。

また、社会的インパクト投資(Social Impact Investment)などと呼ばれる社会貢献活動に対する金融のスキームも、アメリカのボストン財団などを中心に整備され、拡大しつつあります。
日本は、まだ残念ながら一般的とは言い難い段階ではありますが、大和証券などが積極的に取り組みを始めているところです。

僕は少しフィランソロピーの世界に詳しい方ですが、そうしたスキームや社会貢献活動そのものについて、日本でもこれからもっと注目を集める分野だと思っています。
日本では馴染まないと言う声もありますが、グローバル化の流れの中で、アメリカなどで先進的な事例を学んだ人々が、次々と革新的な手法で日本を変えようとしています。
そしてその波は、いわゆる第一セクター(行政)、第二セクター(企業)の分野にも波及しつつあります。

新しい社会貢献の根底には、アップルやグーグルのような「世界を変える」という強い思いを感じます。
そのうちNPOをはじめとする社会貢献の世界について、色々と思うところを整理しながら、連続記事でも書いてみたいなと考えています。

スポンサーサイト

category: 新しい社会貢献を知る本

thread: オススメの本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった/ジョン・ウッド  


マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になったマイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
(2007/09/21)
ジョン ウッド

商品詳細を見る


世界で読み書きできない人は約8億人いるそうです。
世界の人口が約72億人なので、「世界がもし100人の村だったら」で考えると、村人のうち11人が読み書き能力を身につける機会が与えられていない、ということになります。
そして、識字能力を持たない人の殆どは途上国の人々で、その3分の2は女性だそうです。

著者は「ルーム・トゥ・リード」というNPOの創設者です。
「子どもの教育が世界を変える」を信念に、アジア・アフリカの途上国の教育の支援を行っています。
いまも活動をしていますので、その様子は団体のHPから知る事ができます。
詳細な活動報告が当団体の特徴でもあり、HPをみると、現在781万人の子供たちに教育機会を与えてきたという事などがわかります。

途上国の貧困を解決するのに教育が必要不可欠である事は、論をまたないと思います。
具体的な途上国の現状や、教育支援の必要性はぜひ本書やHPで確認してください。



社会起業家の本が数多く書店に並んでいる、と何度かブログでも書きましたが、
本書はその中でも目立った存在のように思います。結構なロングセラーともなっているようです。

本書の一番の特徴は、“生々しい”ことだと感じました。
どうして華々しいマイクロソフトの職を捨てて、
アジアの奥地に図書館を建てるという土臭い社会貢献の道を選んだのか。
そこに至る出来事や心の移り変わっていく過程が、とても生々しく告白されています。

マイクロソフトで失望した出来事、最愛の恋人との価値観の相違、途上国で直面した現状、NPO設立後の資金集めの苦労……などなどを赤裸々に語っており、その苦悩と喜びがひしひしと伝わってきます。

きっかけは、やはりプライベートな出来事です。
休暇中のヒマラヤ・トレッキングで出会った一人との男性とのささやかな出会い。
その男性の現地の教育事情に関する説明が、著者の心を途上国支援のビッグプロジェクトへと突き動かします。

なにかの講演で、リーダーに必要なのは「人をひきつける情熱と人を納得させる理論の両方」だと聞いた事がありますが、著者がそのどちらも備えていることがよくわかります。
著者は何より、NPOとしての「理想」と「運営」を重視しています。
そして、そのいずれも、残念ながら日本の多くのNPOに欠けている部分であろうと感じます。
社会貢献活動を行っている人々、これから行おうと考えている人にとっては、その活動を成功に導くための要諦が詰まっていますので、とても参考になるかと思います。



本書では、マイクロソフトでの仕事ぶりも生々しく描かれています。
入社時の面接の様子や、マイクロソフト時代のビッグビジネスの場面、そこで培った粘り強さや機転の良さなどが記述されており、仕事術を学ぶ上でもとても参考になります。
著者が中国で勤務していた頃にビル・ゲイツが来日したエピソードや、スティーブ・バルマー(つい先日、退任を発表したマイクロソフトのナンバー2)がいかに結果にシビアな人物であるか、そしていかに部下に対して思いやりを持った人物であるかなどが描かれており、そうした点でも興味深いです。

マイクロソフト時代の教訓として挙げられた中で、最も印象深かったのは、以下の文言です。
「大きく行け、それができなければ家に帰れ」
まさにマイクロソフトの精神そのものだと感じました。ビル・ゲイツを見れば明らかです。

上記の文言に続いて本書で述べられている文章が良いので、一部抜粋して紹介します。
「これこそ、何か変化を起こしたいすべての人に送るアドバイスの核心だ。今日の世界が直面している問題は
とてつもなく大きい。少しずつと言っている暇はない。時間と精力をつぎ込む価値のある目標があるなら、大きく考えるべきだ。大きく考えれば、目標はおのずと実現する。大胆な目標は大胆な人びとを引きつけるからだ。」

人を引きつけたいのなら、大きなビジョンを持つべきだ。
この教訓を活かすことのできる人が増えるほど、世界はより豊かになるのだろうと思います。

category: 新しい社会貢献を知る本

thread: オススメの本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロボノ 新しい社会貢献 新しい働き方/嵯峨生馬  


プロボノ―新しい社会貢献新しい働き方プロボノ―新しい社会貢献新しい働き方
(2011/04/20)
嵯峨 生馬

商品詳細を見る


社会貢献についての関心は年々高まっているように感じます。
社会起業家の著した本も以前紹介しました。
そして今、(社会起業家よりは認知度が低いと思いますが)「プロボノ」という存在も注目され始めています。

「プロボノ」とは何か。
語源は、ラテン語の「公共善のために(Pro Bono Public)」に由来するようです。
本書では、「社会的・公共的な目的のために、自らの職業を通じて培ったスキルや知識を提供するボランティア活動」と定義されています。
つまり、自らの「スキル」や「ノウハウ」をNPOに提供するという新しいボランティアです。

これは、NPOにとってもボランティアをする側にとってもメリットがあると述べられています。

NPOは営利目的の民間企業とは異なり、「マネジメント」や「専門性」が弱いという側面があります。
そこで、「プロボノ」という形でNPOの運営に参画することで、NPOの成果を高める事ができます。
例えば、マーケティングやデザインの経験を持つボランティアが集まって、NPOのHPやパンフレットを刷新するなどして、寄附が集まったり、会員が増えたりといった成功事例が挙げられます。

また、注目すべきは、「プロボノ」を行う側にとってもメリットがあるという事です。
本書によると、「プロボノ」への参加理由として、視野の広がりや人脈の広がりを求めているビジネスパーソンが多いそうです。確かなスキルを持った人々の集まりであるため、異業種の交流による刺激が得られるという魅力があり、ボランティアのモチベーションは総じて高いそうです。

「プロボノ」は企業とNPOの協働について書かれたこのような記事でも取り上げられています。
この記事によると、NECやマイクロソフト、ゴールドマン・サックスなどの大企業のビジネスパーソンが「プロボノ」に参加して、モチベーションを高めている様子がうかがえます。



著者は、「サービスグラント」というNPO法人の代表を務めています。
当該法人は、NPOを支援するNPOですが、助成金や寄附のような「お金」ではなく、「プロボノ」という「スキル」と「ノウハウ」を提供することによる支援を行っているプロボノ集団です。

本書では、「プロボノ」の魅力の紹介から、実際のプロジェクトの進め方などについて総論的に述べられており、「プロボノ」という新しいボランティアのスタイルを伝える入門書のような内容となっています。
プロボノに関する書籍はあまり見られませんので、プロボノに興味があるという方にはオススメです。



少し本書の意図からは脱線しますが、日本のNPOは「財政基盤の脆弱さ」がよく指摘されます。
ただし、だからと言って、NPOに「お金」を与えればいいと言う風潮はもう古いと感じます。
米国などのNPO先進国では当然視されているようですが、日本のNPOにも収益性を考慮した「ビジネス」の視点が求められるようになってきています。
マッキンゼーなどの優秀な頭脳の持ち主が社会起業家として成功しているのは、社会貢献をしながらビジネスが成立するモデルを描く事ができているためです。

NPOであっても、行政の補助金などに頼るのではなく、事業の運営に必要な資金は自前で調達する。
非営利団体があの手この手で資金を調達する手法を「ファンドレイジング」と呼びますが、そうした戦略的なスキルもNPOの運営に欠かせないスキルとみなされ始めています。
企業にスポンサーになってもらう、収益性を備えた社会貢献事業を展開する、といった事を考えると、どうしてもNPOに「マネジメント」という視点や「専門性」が必要となります。

そうした事を踏まえると、やはり今後のNPO支援の在り方としては、「お金」を与えるのではなく、NPOに「スキル」や「ノウハウ」を与える役割が必要かと思われます。
その意味でも、NPOに「プロボノ」を提供する「サービスグラント」のようなスタイルのNPOは、今後の日本の社会貢献を支える重要な役割を担っていると感じます。

category: 新しい社会貢献を知る本

thread: 最近読んだ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた―マッキンゼーでは気づけなかった世界を動かすビジネスモデル「Winの累乗」/小暮真久  


社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた――マッキンゼーでは気づけなかった世界を動かすビジネスモデル「Winの累乗」社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた――マッキンゼーでは気づけなかった世界を動かすビジネスモデル「Winの累乗」
(2012/10/19)
小暮 真久

商品詳細を見る


本書の著者は、マッキンゼーで働いた経験のある社会起業家です。
NPO法人「TABLE FOR TWO」の創設者であり、2011年にはシュワブ財団・世界経済フォーラム「アジアを代表する社会起業家」(アジアで5人)に選出されたそうです。

いま、社会起業家が注目され始めています。
僕がNPOに関係した仕事に携わっているから目に入りやすいというのもあるのでしょうが、書店に並ぶ本を眺めているとソーシャルビジネスに関する本が目立つようになってきたと感じます。
特にマッキンゼーやマイクロソフトなどの大企業の職を辞し、自身の頭脳を活かした社会貢献を行っているという例が際立っていると思います。

『社会貢献でメシを食う』(竹井善昭著)からもわかるように、社会貢献をビジネスと捉える風潮が、ようやく日本にも広まりつつあるのでしょう。
日本企業も、アメリカの「良き企業市民」と言う理念を輸入し始め、CSR活動を経営戦略に組み込んで積極的に展開している所が増えているようです。
ただ、本書でも触れられていますが、「エコでも何でも、何か社会を意識したことをやっているのが潮流だから」というような経営者の考えが透けて見える企業もあるように思います。

しかし本書では、単なる慈善事業にとどまらず、本業で経済的価値を追求しながら社会貢献を行うことができる、というモデルを多くの実例とともに示しています。

本書の内容を一言で説明すると、利害関係者全てにWinが広がるビジネスモデルを作ろうというものです。
具体的には、3Cをアレンジした5C(Company(仲間)、Customer(対象者)、Community(地域)、Contributor(出資者)、Cooperator(協業者))のそれぞれのハッピーを作るべきだと主張しています。
これを実現することは、NPOだけでなく、新しいマーケットに進出しようとする企業にとっても得だよね、といった内容です。

企業の場合にもっぱら想定されているのが、近年注目を集めているBOPビジネスです。
BOPは「Base Of Pyramid」の頭文字で、インドやアフリカなど開発途上国の市場を指しています。
そうした地域での社会貢献と言うと、「持てる者」から「持たざる者」へ一方的に支援を行う「善意の押しつけ」というイメージを抱いてしまうかもしれません。
が、それぞれの関係者のWinを意識することで、本業のビジネスで利益を上げながら「社会を良くする」ことが可能となります。

例えば、本書ではポカリスエットの例が挙げられています。
大塚製薬のポカリスエットはインドネシアで爆発的に売れているそうです。
進出当初は苦戦していたようですが、成功の理由として、①現地住民に熱中症やデング熱などの予防になることを地道に訴え続けたこと、②イスラム教のラマダンの最中、日没後に最初に口にする飲料として推奨したこと、が指摘されています。
これは、現地の文化や風土に配慮しながら、地域コミュニティにWinをもたらす戦略をとった結果です。
今ではポカリスエットがインドネシアの多くの人々の命を救い、健康を守っています。
本業のビジネスと社会貢献が同時に実現された好例だと思います。



“いかにして新しいマーケットで現地の人々に受け入れられるか”
それは現代の日本企業にとっては、死活問題であると思います。
人口減少に少子高齢化で、国内市場は頭打ちの状態です。企業が成長を続けるには、外へ向かって行くしか道はありません。ユニクロも楽天も、社内英語公用語化という選択は生き続けるために絞り出した一つの知恵です。

生活必需品である醤油を売っていたキッコーマンが、国内需要の限界にぶつかってアメリカ市場への進出を決めたのが40年前。その時に掲げた戦略が「経営の現地化」でした(『国境は超えるためにある』茂木友三郎著)。
本書で主張されている「Winの累乗」も、その延長線上にあるものと言えます。

社会貢献とビジネスの垣根をなくし、すべての関係者がハッピーになるビジネスモデルを。
そんな夢物語を描ける企業こそが、今後の社会を生き残っていく事ができるのだろうと思いました。

category: 新しい社会貢献を知る本

thread: 紹介したい本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

社会貢献でメシを食う  

『社会貢献でメシを食う。』竹井善昭著、オススメ度70


社会貢献でメシを食う社会貢献でメシを食う
(2010/09/10)
竹井 善昭

商品詳細を見る


本書が書かれたのは2010年ですが、これを読むと社会貢献のブームが日本にも着実に広まりつつあるのだなと感じます。

社会貢献に目覚める若者や、就職先にNPOを選ぶ学生、CSR活動に力を注ぐ企業が増加しています。当然、社会貢献の動機は様々でしょう。社会貢献を口にするとカッコよく見える、自らのスキルアップに役立つ、企業としてのイメージ戦略の一環である、途上国を大きなマーケットと捉えている、などなど。

特に本書では社会貢献のビジネスとしての側面を強調しています。
社会貢献の先進地アメリカでは、社会貢献=ビジネスと言う認識は常識のようですが、日本ではまだその意識は弱い。それが日本のNPOの資金不足、ビジネススキルの低下などを招き、日本での社会貢献の発展を妨げていると考えられます。
そうした危機意識から、本書はくどい程に繰り返し強調しています。社会貢献活動の本来の目的を達成するには、ビジネスの視点が欠かせないのだと。

社会貢献の世界はアイデアに満ちています。
一つのアイデアが世界を変え、多くの人々を救うと同時に世界経済に大きな一石を投じることができる。歴史の浅い分野であるだけに、見る人にしてみればきっと、まだ発掘されていないダイヤモンドの原石のようなニーズがごろごろ転がっているようにも見えることと思います。
今や世界的なイノベーションを起こしたいのならば、社会起業家を目指すのが一番だ。本書はそう思わせる力を持つ一冊でした。

category: 新しい社会貢献を知る本

tb: 0   cm: 0

プロフィール

登録してます

カルチャ!

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。